世間が見ている定年退職者って??

『いい日、ひらめき』(藤岡和賀夫)の中より

「世の中には、学問も知恵もあり人格も立派で健康で、それでいて
働いていない男がいる。どういう人かって?それは定年退職者だよ。
(中略)立派な人で体もぴんぴんしているし(中略)だけど仕事がない。
朝から晩まですることがないんだ。(中略)
どうしてこういう人を遊ばせておくんだろうと。(中略)
老人に何ができるかって、老人には人生の知恵がある。
(中略)伝承、歴史、しつけ、女性なら礼儀作法、冠婚葬祭、
育児学、漬物学、みそ汁学と、要するにこれは教育である。
若い世代が古い世代の力を必要とするのは、もっぱら教育の分野
なのではあるまいか。」

さて、これについて、そうだそうだといえないところが・・・?
そして、教育の分野なのかどうかも・・・?

男性の場合、「体もぴんぴんしているし・・・仕事がない・・・
朝から晩まですることがない・・・」には納得する部分もあるのですが。

「学問も知恵もあり人格も立派で・・・」となると、
そんな人・・・いるの?ってなりますよね。

そもそも、そのように自分自身で思っているような定年退職者は
本当にごく少数の人でしょうし。

でも、よく考えてみると。
少なくともサラリーマンなら定年退職時までに約40年前後の仕事を
してきました。そして仕事を通して様々な場面を体験し、スキルを
身につけて、複雑な人間関係の中を生きて、仕事を全うして来ました。


また仕事一筋の人が多い昭和仕事人だったでしょうが、仕事以外の社会
においても少なからずの経験(社会経験)をしてきました。


これらは、年齢の長さだけで短い人よりも、語れることの数々がある
のではないでしょうか。


こうした自分の財産である経験やスキルのいくつかを
「学問」や「知恵」として誰かに話すことができたり、お役に立つ事が
でき活かすことができるのなら、
藤岡が言う「学問も知恵もあり人格も立派で健康で、・・・」
な定年退職者だと思います!!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
スポンサーサイト

定年後の交友と見知らぬ人との交流!

定年退職後は会社時代の交友関係はどんどん減っていきます。

いままでどれだけ会社以外の人たちとの交流があったかどうかが
定年後の友人や仲間たちとの交流の物差しになるでしょう。
同級生、趣味の仲間等が大切ですね。

とはいっても、いままでそういう友人や仲間との関係も少なく、会社時代の
仲間も少なくなっていく中で、友人たちとの交わりをあまり作っていなかった
人たちにとっては、社会との交流がないのは寂しいことです。

『碇星』(吉村昭)のなかにこんな一節があります。

大きなショッピングセンターの無料の喫煙コーナーで時間を
持て余し気味に潰していた。何度も行くうちに、いつも会う
二人がいることがわかった。もちろんその二人も友人ではなく
たまたま来ている様子。


いつしか言葉を交わすようになり、皆定年後の時間や人生を
持て余している人たちでした。


いつしか親しくなりお互いの事や家族のこと等話しあえる間柄に。
そして、ショッピングセンターの喫煙コーナーに行くのが日課に
なってしまった。


いつのまにか三人の親密さは増して、この年齢になって得がたい
友人を得ることになった、というものです。
実際の小説での展開はもう少し複雑にはなるのですが・・・。


社会では、定年後の孤独や独居老人のこと等が言われています。
友人や家族親族の大切さ、改めてこの小説で感じさせられました。

参考になるかと思い・・・。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

人生100年時代の長寿という時間を楽しみ活かす!

先月、私が関わっている市民大学の講座でした。
「人生100年時代という長寿を楽しみ活かす」ことについて
メンバーと考える講座をしました。

今後もこの市民大学を進めて行くにあたって“学び”を気軽に、
そして当たり前に、まだまだ誰もが学べる時代として、
次の四つのことを検討しました。

人から学ぶ:会員や他のメンバーの人生を学ぶ講座
② 体験から学ぶ:会員や他のメンバーの体験
       (旅や趣味や特技)を学ぶ講座
③ 新分野を学ぶ:会員や他のメンバーの得意分野から学ぶ講座
④ 長寿化会員交流:本を紹介する(読書会的自由座談会等)・
      街歩き(歴史散策・ウオーキング等)等々


そして長寿化で想定される数々のマイナス要素(健康やお金等)も
ありますが、それ以上に考え方や生き方次第で人生100年時代を
楽しみながら生きることはもっともっとたくさんあるのでは?と。


また、他のメンバーで山好きの人からは、山は登るまでは良い。
山頂から、いざ下山しようと思うと四方八方に下山の道がある。
この下山の道を見誤るととんでもない事故につながったりする。

実際に仲間と登った時に、一人の仲間が下山の道を間違えて大変
な思いをしたことがあるとのこと。

定年退職後は“下山の人生”、下山の道を迷うことなく、
登り以上に下山の道を楽しみながら、麓に着いたら温泉にでも
入ってゆっくりと・・・そんな人生100年時代の長寿化を、
この市民大学のメンバー達と楽しめればいいなと思います。


市民大学「岐阜コミュニティ創造大学・大垣キャンパス」に興味の
ある方は連絡下さい!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

誰もが望むこんな定年人生いいな!と、でも現実は。

最近、五木寛之が長寿化に向けての生き方についていろんな本を書いて
いますし、よく売れているようです。

少し古いですが、五木寛之の『生きるヒント』の中にこのような文章が。

「定年を延長しようという傾向がありますが、本当は文明が進むにつれて
定年をもっと早くすべきではないのか。まだ余力のあるうちに経済活動から
リタイアし、本を読んだり、花を作ったり、絵を見たり、物を書いたり
しながら、人生の収穫期を、じっくり味わうべきだと思うのです」

う~~ん・・・・・・・。
さて、どう思われますか?

こうやって過ごせれば言うことないですよね。
売れっ子作家だから言えること、できること。
お金持ちで金銭的不安が何もなければできるこという感想になりますよね。

たしかに現実はなかなかこうはいきません。
ただ、まさに生きるヒントはありますね。
「余力のあるうちに」です!
「余力のある」年齢って、何歳ですか・・・?


定年だろうと雇用延長(再雇用)からの引退であろうと、
まだその時点では「余力」が残っています。

この「余力」が残っているうちにその後の人生20年、30年に向けて
何らかの手を打っておくということは絶対に必要なことだと思います。


そのうちにとか、まだ後で、いずれその時が来たら・・・・・では、
もう遅すぎるということになるのかもしれませんから。


「余力のある年齢」、この年齢は、皆さん一人ひとりによって
考えが違うでしょうが、自分自身が考える「余力のある年齢」を
見極めて大切にすることが重要です。


そして、「余力ある年齢」こそが、皆さんの定年年齢となり、
「余力のあるうちに」定年後の人生の素晴らしい扉を開ける
ことができれば、充実した老後を迎えられるでしょう!!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

現役時代に長期休暇を楽しめた人・楽しめなかった人?

今年もGWが終わりました。
サラリーマンは現役時代には、長期休暇を取ることが出来ました。
GWの連続休暇やお盆休み、年末年始の休暇等です。
会社によっては勤続〇〇周年の長期休暇とかもあったかもしれません。

一方で、「休暇なんか取れないよ」と過酷な労働条件を強いられていた。
また、人手不足で休みなんか取れるものかという会社もあったと思います。

ここで考えたいのは、休暇が取れるか取れないの問題ではなくて、休暇を
楽しめたかどうか?ということです。


というのは、現役時代に長期休暇に入る時に、
「〇日間も休みがあるけど、暇で困ってしまう!」というように
せっかく長期休暇が取れるのに「何もすることがなくて困ってしまう」と
いう声を聞いたり、無為に過ごす人たちをなんとと多く見てきたことか。

何とかなる人は、せいぜい日帰り旅行や、一泊程度の旅行をするくらい。
積極的に長期休暇を楽しもうという発想はとてもありません。
これが現役サラリーマンの実態ではないでしょうか?

これは、休みが長く続くと仕事のことが不安になり休暇に集中できない。
まさか、会社に戻ったら自分の席がないなどという自己評価が低(笑)と
いうことはないでしょうけど。


ある意味“仕事人間”または、“長期休暇恐怖症”という新たな病例でしょうか。

定年退職後(雇用延長後も含む)は長期休暇の連続です。
いや、毎日が休暇ですから。
来る日も来る日も。

サラリーマン現役時代にたった1週間程度の長期休暇ですら、まともに
過ごせなかった人たちは、この毎日が休暇となる定年退職後の日々を
いったいどうして過ごせばいいのでしょうか?

既に定年退職になってしまった人たちは長期休暇と格闘中ですが、
これから定年退職を迎える人たちは、そうならないように現役の
今から長期休暇の楽しみ方をよく考えておいて下さい!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職者に告ぐ!

『帰宅の時代』(林望)から引用、

「いざ個人として自分に何ができるか、あるいは本当の自分らしさとは何か、
を考えようとすると、そこには何も用意がなく、空っぽで、うろたえて
しまったりするわけです。
自分がこれから先、会社という温床を離れて、自分個人の世界に立ち戻った
時に、さていったい何をしたらいいのか、いやほんとのほんとは何をしたい
のか、ということを、つくづくと考えておかないといけない。
その絶好のチャンスが今だということを。」

「また、つまりリタイアした後の人生をどう有意義に培っていくのかということを、
今から十分に意識しておかなくてはならないということです。
ある意味では、会社に打ち込む力を何割か削いででも、その力を自分自身に向けて
努力し蓄積しておかなくては、やがてしまったと思う時が、きっと来るだろうと
思うのです。」

先日、関連会社の役員の退任を迎えた友人と話す機会がありました。
退任まで約2月を残すところです。
彼は優秀な企業人、そして企業人としては十分に成功したと言えるでしょう。

ある面早く定年になって・・・・・少しは安堵と定年後の生活に期待する
ことも考えていたそうですが、いざ定年が真近に迫ってくると・・・、
色々不安な気持ちが出てきたようです。

退職後の時間、毎日何をしたらいいのか?と。
特に趣味もないし、今までは仕事しかやって来なかったから。
プライベートで外に出ることもあまり好きではないし。
このままひきこもりそうで・・・。


多くの定年退職者に言えることは、結局定年のその時にならないと
誰もが定年後の大切さに気づかないと良ことかもしれません。

但し、この友人なら現役時代の仕事ぶりから見て、きっと何かを
見つけて、彼なりにオリジナルな定年後を過ごすことだと思います。

その時にならないと誰も気づかない!
これが多くの定年退職者の現実だと思います!!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年と定年後を生きる選択と自由度!(その②)

『選択の科学』(シーナ・アイエンガー)の中にこんな研究の話しが
出ています。

高齢者介護施設の入居者の自己決定権の認識を調査する研究です。
長くなりますが、引用してご紹介します。

内容は、
二つの階の入居者を別々に集めた。ある階の集まりでは、入居者一人ひとり
に鉢植えを配り、鉢植えの世話は看護師がしてくれると伝えた。
次に映画を木曜と金曜に上映するので、どちらかの曜日に映画が見られる
よう予定を組んで連絡する。またほかの階の入居者を訪ねておしゃべりしたり
TVやラジオを楽しむことも許されていると説明した。
入居者にはある程度の自由は許されているが、入居者の健康は有能な職員が
責任を持って管理するというものであった。

別の階の入居者の集まりでは、入居者に好きな鉢植えを選ばせ、鉢植えの
世話は自分でするように伝えた。そして、映画の上映会を木曜日と金曜日に
行うことを告げ、どちらの日に見てもいいと言った。またお互いの部屋を
訪ねあって思い思いにおしゃべりをしたり、TVやラジオを楽しむ等、好きな
ように時間を過ごして下さいと言った。この施設を楽しい場所にできるか
どうかは、入居者次第だということを強調した。

このようにメッセージは違ったが、職員は二つの階の入居者をまったく
同じように扱い、同じだけの世話をした。

三週間後の調査では、選択の自由度が大きい入居者は、そうでない入居者に
比べて、満足度が高く、生き生きしていて、ほかの入居者との交流も盛ん
だった。三週間というこの短期間にも、選択権なしの集団では入居者の70%
以上に身体的な健康状態の悪化が見られた。

これに対して、選択権ありの集団では、90%以上の入居者の健康状態が
改善した。

そして、六カ月後の調査では、大きな自由度を与えられた、いや実は
“自由度が大きいという『認識』を与えられた”入居者の方が死亡率が
低かったことが判明した。というものです。

私たちは“自己決定権”を切実に必要としている。それがなくなると
喪失感、無力感から何もできなくなってしまう。


定年後に一番避けなくてはいけないことは、このことかもしれませんね!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年と定年後を生きる選択と自由度!

定年後の生きざまは人それぞれ。
評価も何もない、自由そのものですが、自由といっても
毎日何らかの選択は必要です。


振り返ってみると、今までの人生の中での重要な出来事や仕事の実績、
仲間との付き合い、勉強ややりたいこと等たくさんありました。
これらはすべて、あなたが何かの基準で選択をしてきたからそうなった
のであり、それがあなたの人生です。

定年後自由になったからと日々何も選択せずにいたら、自由であっても
無為な人生になってしまうでしょう。

定年後も“選択”し続けながら生きて行くことには何ら変わることはありません。


ある研究によると、「社長は長生き」するそうです。
理由は、自己決定権(選択権)が大きいからだそうです。
それに加えて、自分の仕事の自由度が高いという自己認識からです。
サラリーマンは地位が高くなればなるほど自己決定権が大きくなるものです。

会社や組織にどっぷりとつかり、指示のもとで働いていた人ほど自己決定権が
少なくなります。
サラリーマンでも自己決定権や自由度が少ない人ほどストレスは高くなる
からということなのです。


この研究をどう捉えるかは別にして、定年後は会社も組織とも何ら関係が
なくなります。

定年後は、すべてを自分が自己決定(選択)すればいいわけです。

すべて自分で自己決定する!
すべて自分が選択すればいい!
自分の自由度はたくさんある!

これではじめて定年後を自由に楽しめることになるのです!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職後の最初の壁!

定年退職はあなたにとって、早く手に入れたかったもの、
待ち望んでいたものかもしれませんが、いざ退職してみると
“壁”に突き当たってしまうのです。

この壁は“時間”という壁ではないでしょうか?
たっぷりの時間を、どう過ごしていいかわからない・・という壁。
まるで無人島に一人置かれたような・・・。


今までは、少しは自尊心が保てる仕事がありました。
時間に仕事をぶつければいいわけです。
同僚たちとの夜の付き合いもありました。

仕事の困難さや厳しい上司や、部下や取引先との関係等の壁も
ありました。それは姿は都度変われども組織の力で乗り越える
ことのできる壁でありました。

さて、定年退職後の“時間”という壁は一定の変わらない壁です。
定年退職後も一日24時間は不変の壁です。
基本はあなた一人で立ち向かう壁です。
定年退職後に出会う最初の壁が、この“時間”という壁なのです。

なぜ、壁の前でどうにもならずに突き当たってしまうのでしょうか?
現役サラリーマン時代には、定年退職してからの時間の壁を乗り越え
楽しむことに役立つことは何もしていなかったのかもしれません。


定年退職後の時間の使い方等、なかなか先輩達は教えてくれません。
聞いても、皆それぞれだからと言われたらそれでおしまいです。

現役時代に仕事以外のことをしたり、仕事以外で能力を発揮したり
することは罰だと、何となく組織的に教え込まれていたのかもしれません。


でも現実には、定年退職後には“時間”という壁が待っています。

現役サラリーマン時代から定年退職後に役立つことをたくさん
手に入れておくことです!


そして、現役サラリーマン時代から、仕事以外で能力を発揮できる
ようにしておけば素晴らしいですね!

趣味でも特技でも、奉仕でも貢献でも・・・・・!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職時の選択!

定年退職の時に、雇用延長を選択する人が大半となってきました。
数年前までは雇用延長を選ばずに次の人生に踏み出す人も多くいましたが、
今は雇用延長を利用するのが普通になってきています。

ここで大切なことは、雇用延長制度が“窓際族延長制度”であっては
いけないということです。


かって、雇用延長制度ができ始め、定年を迎えた社員が利用するか
しないかを自由に選択するにあたって、大いに迷いながら同じ仕事で
雇用延長か、退職して別の仕事を探すか、または何もしない退職を
選ぶかの選択を迫られたわけです。

この頃に書かれた研究論文に、同じ仕事で雇用延長制度を選ぶかどうかの
判断は、定年を迎えるまでの会社人生の自分自身を振り返り、仕事の評価
が低かった人は会社に残り同じ仕事での雇用延長制度を自ら利用しないと
いう選択をする傾向があるというものでした。

ようするに、雇用延長制度を利用するかどうかの選択肢が自由な発想で
選択できた頃は、“仕事ができないという評価を受けていた定年退職社員”
は、おのずから雇用延長制度を利用しなかったということです。


会社としては、人並み以上に仕事ができる定年退職社員だけが雇用延長制度
を利用してくれるので助かっていたわけです。


ところが、今はほぼ大半の社員(現役時代の仕事の評価の高低に関わらず)
が雇用延長制度を利用して、定年になっても会社に残り仕事をするのが当たり
前となってきました。


以前は、自分は仕事ができないからとか、現役時代の仕事の評価も低いから
とか、自らで自己判断を下し雇用延長制度から身を引いていた人たちまでが
今は雇用延長制度を利用して会社に残る時代になってきたわけですね。


いわゆる窓際族と言われてきた人たちも・・・・・。

人は誰しも(特に定年退職年齢後)社会のためや人のために貢献したい。
いつまでも現役で生きがいをもってやりたいという気持ちを持っている
ものです。

“生涯現役”とよく言われますが、意味を取りちがえてはいけないと思います。
“暇つぶし”のためだけで、雇用延長制度を利用していないでしょうか??


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職の季節に想うこと!

年度末は定年退職の季節ですね。
企業によっては、定年退職に該当する年齢になった時(お誕生日)の
月末という場合もあるようです。

雇用延長が当たり前になってきたりしていますが、いずれ「定年」は
来るでしょうし、雇用延長制度を活用しても一旦は「定年」になる
わけで、いろいろ想うことはあるようです。


定年退職を向かえる人にとって、一番つらいのは仲間との別れでは
ないでしょうか。今の部署、過去の部署すべてに共に仕事をした仲間
がいます。特に親しかった仲間との別れに寂しさを感じる定年退職者
も多くいます。

一方で、送る側の社員も寂しかろうと思いきや、実に冷静で何ら感慨を
持っていないのが普通です。なかには、「何も仕事をしないで給料泥棒
していいたくせに、なにがお世話になりましたか・・・」なんて、冷たく
言われている人もいるかもしれませんね(笑)。

よほど恵まれたエリート官僚や、財界にも名を聞く企業経営者ならともかく、
一般企業の並みの役員連中なら一般社員と何ら変わることなく、なかには
一般社員にも劣ると思われる役員もたくさんいます。この人たちも一般
社員と変わらず、会社を定年退職してしまえばただの人。
何の保証もなく、第二の人生を自分で探しかありません。

さて、話は最初に戻りますが、「定年退職の季節に何想う」ということですが、
サラリーマン時代の感慨に浸るもよし、明日からの未来を明るく描くもよし、
淋しさと不安から落ち込むのもよし・・・何でもあるのが定年退職です。

でも問題が一つあります、それはこの状態が20年、30年以上続くと
いうことです。人生100年時代なら40年近くも・・・です。

どうやってこの“長~い“年月を生きて行くか?
とにかく早く何らかの手を打つことが大切です。

“定年基礎力”を基に、考えてみてみればどうでしょうか!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年後、高齢者は何歳から?

2017年1月に日本老年学会と日本老年医学学会は、
「高齢者の定義と区分」について発表しました。

65歳から74歳を「准高齢者」
75歳から89歳を「高齢者」
90歳以上を   「超高齢者」としました。


ちょうど昨年は「人生100年時代」と騒がれました。
私が大学院で定年退職者の研究(「定年基礎力」)をしていた
7年ほど前までは人生90年時代」と言われていたものが、
わずか8年ほどで「人生100年時代」になってしまいました。

長寿化を病気や医療費や年金不安ととらえるなら、長寿化はマイナス要因
ともなるのかもしれませんが、若々しさ、時間がある、自己投資もできるし
学び直しや友人との交わり、趣味や興味の広がり等プラス要因として捉えれば
長寿化は何よりも歓迎すべきことだと思います。

長寿化をなによりもポジティブにとらえることが重要だと思います

ただし、この高齢化(長寿化)も男女で見ると、その差は激しいようです。
男性にとっては厳しいですが「7・5・3現象」というものがあるそうです。

元気な人は、
70代では、女性100人とすると男性は70人
80代では、女性100人とすると男性は50人、
90代では、女性100人とすると男性は30人、だそうです。

う~ん・・・・・だとすれば・・・・。

65歳から74歳の准高齢期の10年間を(もちろんそれ以前の50代、60代)
どのように生きて行くかが、その後の長寿化時代(人生100年時代)に向けて
の大きな課題のように思います!!


そして、定年基礎力!も。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年後の市井の語り部たちの声

先日、永六輔さんの『大往生』を読みました。
既に読まれた方も多くいらっしゃるかと思います。

本の中から、我々の年代の心に残しておきたい語りを拾ってみました。

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをおもく、
おもいことをおもしろく」(井上ひさしの言葉)


そして名もない人たちから、
病院の医師、看護師、患者によって投稿されたもの
・福祉より薬が生んだ長寿国
・古稀という語が死語になる長寿国
・死ぬ人がいなくなりそうな健康誌
・百薬を飲みすぎ万病で入院中
・待合室患者同士が診察し
・見舞客皆医学の解説者
・糖尿病の話しではずむクラス会
・風邪ひいて卵酒飲む薬剤師
・カロリーを説く保健師も太りすぎ
・人生は紙おむつから紙おむつ

さらに、
「俺は歳をとったという不安もあるよ、でも歳をとってないんじゃない
かという不安もあるねぇ」


「ハゲになったり、白髪になったりして嘆くことはありません。
ハゲたり、白くなったりするまで生きられたとおもえばいいんです」

「元気な老人は、疲れた若者に優しくして下さい」

「旦那は定年後のことをいろいろ考えているんだけど、私は未亡人に
なってからのことを考えているの」

「タフですねと言われるようになったら、身体に気をつけなさい」

「朝食に何を食ったかは忘れてもいい、朝食を食べたことを忘れなければ
それでいいんです」

「寝るっていうのは、結構エネルギーが必要なんです。老人が早起きする
のは、そのエネルギーがないからです」

「美しく老いるなんてわけがありません、美しく老いる努力をすると
美しく老いる場合がある、といわなきゃ」


「病人が集まると、病気の自慢をするんですよね、もちろん
重い人が尊敬されるんです」

「老いは平等だが、病はその対処によっては老いと別の覚悟が必要に
なってくる。老いは受け入れればいいが、病は闘って勝たなければならない。
負ければ死と直面する」


なるほど、たしかに、~(笑)、たまにはこんな本を読むのもいいものです。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職後は孤独なのか?

定年退職、それは会社から離れ家庭や地域・地元に生きる中心を
移すことです。今までの会社を中心とした仲間関係も大きく変わります。

定年退職後、そこは孤独な場所なのでしょうか、それとも周りの人
たちに囲まれた温かい、楽しい場所なのでしょうか。

高齢者の“孤独”について言われることが多くなりました。
孤独死とか、独居老人とか・・・・・。
一方で、五木寛之氏は『孤独のすすめ』という本も書いておられます。


個人一人ひとりがどう感じるかであり、自分を取り巻く環境も皆異なる
ので、一概に論ずることはできないと思います。

ただ、このような事実がニュースにありましたので書いておきます。
               (1/17 AFPニュースより)

イギリスに「孤独担当相」という大臣が新設されました。

メイ首相は、あまりにも多くの人々が置かれている現代の暮らしの
悲しい現実に対処するためだそうです。イギリス社会の孤独問題に
取り組むということです。

また、メイ首相は「わが国の社会、そしてわれわれ全員が抱える孤独という
問題に向き合い、高齢者や介護者、愛する人を失った人々・・・・話をする
相手や自分の思いや体験を分かち合う相手がいない人々が直面している孤独
に対し、行動を起こしていきたい」と述べたそうです。

“話をする相手や自分の思いや体験を分かち合う相手“の部分は、定年退職後
をどう生きて行くかによって、先々大きく差が付いてくるように思います。

これは、私たちも今後は考えておく必要があるのではないかと思います。

ちなみに、イギリスでは人口6560万人のうち、900万人以上が常に、もしくは
しばしば孤独を感じているそうです。イギリス赤十字社は、孤独と疎外
は「隠れた流行病」であり、引退から別離・死別など人生の様々な節目
ですべての年齢層に影響を与えていると指摘しています。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職者の妻たち!と、定年退職者のキャリア自立!

ある本に、定年退職者の妻たちのこんな声が掲載されていました。

「月に一、二度主人と外食することがあるんですが、会っても話題が
ないんです・・・結局、二人ともじっと黙って、早くご飯が来ないかな
・・・ばかり考えているんです」


「私は主人と一緒に旅行をすると、息が詰まってしょうがないんです。
たまにはいいけれど、できたら気の合った友達と行きたい。その方が
心から楽しめます」


そして、老人ホームの理想的な使い方は、昔から仲良しだった女房たちが、
それぞれ夫を亡くしてから一緒に落ち合うことだと。


いかがでしょうか?
でも、何故こんなふうになるのでしょうか?ということですね。

ずっと前から夫婦で楽しむことをしていた、また共通の趣味や話題を豊富
に持っている。相手の興味関心事にこちらも興味関心を示す等々、長い時間
かけて共に創ってきたことがないと・・・こうなりかねませんね。

今まではバラバラだったけど、私は定年になったからこれからは何事も
一緒に、ということでは決してうまくいくわけがないことは当然ですね。

だったら、定年退職者は今から自分で自分の楽しみを見つければいいのです。
興味関心のあることを探し出して、やってみればいいのです。

そのことに奥さまたちは興味関心を持ってくれるかもしれません。
あるいは、手伝ってくれることも一緒に付き合ってくれることもあるかも
しれません。

自らキャリア自立して!ということです。

そして、男たちも仲の良い男友達らと一緒に飲食したり、旅行にいけば
話は尽きることがないくらい楽しいのですから!


定年退職したからといって、終わりではなく、いつまでも自分自身の
キャリア形成とキャリア自立が必要なことは言うまでもありません!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

サラリーマンひとすじの定年退職者は・・・?

高齢になって何かで表彰を受けた人や文化勲章などもらった人は
インタビューを受けると「この道ひとすじに頑張ってきたので・・」
とか、「報われないときも頑張って、長い間やってきたので・・」等
答えていますね。

さて、長い間サラリーマンとして定年まで勤め上げたあなた、
このように堂々と答えられるでしょうか?

サラリーマンひとすじ、これも堂々と胸を張って言えることだと
思いますが、何となくこの道ひとすじと言いにくいのですね。


ひとすじとは、何となく仕事の中身を言わなくちゃいけないような、
そんな気がするからです。

多くの定年サラリーマンは、確かにサラリーマンひとすじであっても、
もっと専門的な「〇〇〇にひとすじ」がないのかもしれませんね。

これはどうしてでしょうか?
サラリーマンには自分から主体的に、あるいは能動的に決めた仕事や分野
がないからですね。


辞令一枚で部署異動や配置代え、転勤や出向命令、これらに従うことで
長い間サラリーマンひとすじでやってきたからです。


そして、なにか「ひとすじ」を究めたかったかも知れませんが、
会社があり、組織があって、その傘の下にいたいじょうなかなか
できなかったということです。


私は堂々とサラリーマンひとすじでいいと思いますが、定年になったら
どうでしょうか?会社も組織も、そういった大きな傘ももうありません。

今から何か主体的に、能動的に、自分の意思で決められる「ひとすじ」
を作ってみたい気はありませんか?


長いサラリーマン時代も「自己実現したい」という気持ちを多くの
サラリーマンは持っていたと思います。


定年後は「○○○ひとすじで」と言えるものがある定年諸先輩方を見ると
うらやましく思います。

定年退職者は男女問わず、「定年後は○○○ひとすじ」を見つけたいものですね。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年期の人生の発達課題とは何か?

エリクソン(Erikson,E.H)は人間のライフスタイル全体を8つの
発達段階に分けました。

では、60歳以降の発達段階では、円熟期と呼び「自我の統合」か
「絶望」かと特徴づけています。

この「統合」とは、それまでの人生を振り返って、よかったこと悪かった
こと、成功失敗すべてをひっくるめ、自己肯定できるということです。


これをクリアすればその人は、それまでの人生を物語ることによって、
若い人に自分が得の知恵や教訓を残すことができる。

逆に、「こんな人生を歩まなければよかった」としか思えないようなら
そこには「絶望」しか残らない」(2005・金井)としています。

人生生きている限りいくつになっても発達課題があるということです。
それは、人間は一生をかけて成長、発達を継続しなければならない。
そして、いくつになっても生涯発達できるのが人間だということです。


なかには上手く統合できない人もいるでしょう。
その場合、この機会に自分の人生をもう一度見直してみることが重要です。

過去の延長でしか生きられないと思ってしまったら、成長すら出来ません。
どんどん痩せ細った人生になって行ってしまいます。


定年期という人生に一度の大きな節目を迎えた時こそ、多くの気づきを
得るチャンスなのです。

何も新しいことを始めることだけではありません、現実を注視して、
出来ることがきっとあるはずです。それをベースにして、生涯成長、
生涯発達につなげていって下さい。


5つの「定年基礎力!」も、ヒントになるかもしれません。



※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年を意識したら、あるいは定年退職者はまず“自分探し”を!

自分探し、したことありますか?
若者はいつも自分探しをしています。

特に就職を決めるときには一生懸命自分探しをします。

自分は何が得意なのか、何がやりたいのか、何ができるのか、自分の
価値観は何か等々・・・・・。そして、どんな仕事に就きたいかと。

定年を意識したあなた。
定年退職者のあなた、自分探ししたでしょうか?
それとも、今自分探し中なのでしょうか?

定年を意識した今こそ、自分探しを。
定年退職したら、自分探しを。

サラリーマンは、長いサラリーマン時代に、すでに自分が何者なのか、
自分が何をしたいのかさえ分からなくなってしまっているのです。


これからは自分らしく生きたい!
もっと素直になって個性を発揮したい、可能性を見つけてみたい。
定年を意識したり、定年退職をきっかけに自分探しをしてみましょう!

あなたは何がやりたいのですか?
あなたが子供のころからやりたがっていたのは何ですか?
あなたができることは何ですか?
あなたのこれだけは譲れない価値観は何ですか?等々
素直に自分自身に聞いてみて下さい。

自分探しは若者だけの特権ではありません!!

一度でいいから、今自分探しをしておくことで、これからの人生が楽しく、
また楽に生きて行くことができるのではないでしょうか。


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年の不安は定年男性も定年女性も同じなのか?

NIKKEI STYLE のWOMAN SMARTに、こんな記事がありました。
60代・70代女性100人のアンケートから。
定年前にやってよかった&やっておけばよかったこととは?

やってよかった
・健康の維持・増進          79.3%
 ・定年後も楽しめる趣味を持つ     63.5%
 ・職場以外で友人をつくる       50.8%
 ・定年後の生活のための貯蓄      45.2%
 ・公的年金の受給額の確認       33.3%
 定年後が怖いと言いながら、実態を知らないのが一番怖い!と

 やっておけばよかったこと
 ・定年後の生活のための貯蓄      42.2%
 ・定年後の生活のための投資      25.1%
 ・定年後も活かせる専門技術の習得   22.6%
 ・公的な資格の取得          19.2%
 ・自分の住む地域で知り合いをつくる  18.6%
 資格を取っても、人とのつながりがなければ仕事は得られない!と

さて、皆さんはどう思われたでしょうか。

この結果から見ると、大枠では定年男性と定年女性と基本的な考えは
同じように思います。

お金、健康、いきがいが三つの柱であることは当然です。
そして、お金をつくる、健康を維持・増進する手法は同じです。

問題は、“いきがい”をどうつくるかです。
生きがいづくりのプロセスはひとそれぞれ異なります。
生きがいづくりの手法が皆、異なるのですね。


この生きがいづくりのプロセス、手法についてが私が関心を持ち
大学院の研究テーマとして研究したことなのです。

それが『定年基礎力!』です。
もう一度考えてみて下さい。(過去のブログをご覧ください)

そして、もうひとつは定年男性と定年女性の定年後の課題も異なって
くるように思います。少しは過去のブログでも書きましたが、いずれ
きちんと整理したいと思っています。


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職後は小さくても“よろこび”を見つけ貯える!

老人ホームで孤独に一人さびしい生活を送っているように見える
老人でも、どんな小さなことでもいいので、今まで生きてきた中で
の数多くの“よろこび”を自分の思いでとしてたくさん持っている
人は幸せに生きているそうです。


毎日一つ、どんなに小さなことでもいいから「うれしかったこと」
「よろこんだこと」「わらったこと」「たのしかったこと」「いいこと
できたなとおもったこと」などをメモでもいいから書いておく。

書き続けて行くと、数ヶ月経つと、日々の人生の毎日がとても幸せな
気分になっていくとも言われます。

よろこびを感じることを習慣化してしまえばいいわけですね。

そして、その気になって、よろこぼうと自ら受け入れる気持ちに
なっていると、“よろこび”は向こうからやってくるものなのですね。

「うれしかったこと」「よろこんだこと」「わらったこと」「たのしかったこと」
「いいことできたなとおもったこと」をたくさん持っていることの集大成が
人生なのかもしれませんね。

そのためにはいろんなことに興味を持つこと、好奇心の目を広げることを
心がけて行きたいですね。

そして、これからもこれらを探そうと思えば、やっぱり自ら行動し、
機会を見つけ多くの人たちとふれあいながら謙虚な気持ちで人の
話を聞いていくという姿勢が大切なことは言うまでもありません。


もう一度、以前のブログに書いたことですが、
「一番人気のあるホステスさんやホストさんはどんな人?」
美人美男であはりません、「人の話しをよく聞いてくれる人です!」

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職後は「知ったかぶりせず」、謙虚に!!

定年退職後は「知ったかぶりせず」、謙虚にならないと。

定年退職後に地域の会合や集まり、趣味のサークル等に参加
すると、やたら上目線、そしてまるで上司のようにしゃべって
いる人がいます。


定年退職後は、このような人とはできるだけ関わりたくないですね。

でも周りに持ちあげられて、本人も気がつかずにそのような言動に
なってしまっている人はたくさんいます。


もっとありがちなのは、ついつい「知ったかぶりして」を
してしまうことです。
誰かの話しを受けては、追加説明を詳しく加えたり、くどくどと
一方的に話まくり・・・。気が付いたら、周りはしらけています。

もう一つは、今さら聞けない、こんなこと恥ずかしくて聞けない。
今までのプライドが邪魔をすることもあるでしょう。


「知ったかぶり」して、聞いておけばいいものを聞かずにすませてしまう。
また、知っているという顔をすると周りの人は教えてくれなくなる。

せっかくの機会、素直に謙虚に聞くことができる力が必要になってきます。

これらが、元サラリーマン諸氏になかなか出来ないことなのです。
当然ですが、サラリーマン時代に地位の高かった人ほど、
あるいは、周りにちやほやされていた人ほど出来ないですね。


せっかくの地域の会合や集まり、そして趣味のサークル等に参加
したときは「知ったかぶりせず」、素直に謙虚に何でも聞いて
みましょう。そのことが、参加する楽しみを増やしてくれるでしょう。

もう一つ、定年退職後も何故か上目線で上司のようにふるまったり、
周りに持ちあげられてそのようなふるまいをする人は、無視しておけば
いいでしょう。

これらのことは、定年退職後に地域や趣味のサークル等で
生きて行く知恵なのかもしれません。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

女性の定年と定年退職後の問題!

今から約35年前の昭和57年(1982年)、に出版された『碧の墓碑銘』
(夏樹静子)という本の中にこのようなくだりがあります。

定年退職後の女性の生き方を示唆したくだりです。

「だって、老齢化社会が来るんでしょ。だから、ただ働くだけじやなくて、
もっと個性に合った豊かな生き方を、壮年のうちから見つけておかなきゃ
いけないし、お互いに働くことだけが立派だというような風潮を改めるべき
だって、よくいわれてますわね」と。


女性たちは、あるいは作家の夏樹静子は、既に35年も前から女性が定年退職
を迎えるに際して、定年後を見据えてやっておかなければならないことや、
考えておかねばならないことを読者に知らしめていたということですね。

おりしも先般『婦人公論』11/14号では、“50代から始まる女の「定年後」”
という特集が組まれていました。

それは、女性が働き続けて定年を迎える最初の世代の女性が、
今定年について考え始めた。なにせ、男性と違ってお手本になる
ロールモデルがほとんどいないから、自分の定年後を自らが考え、
自らの信念のもと行動し、実践していかなければならないということ。

これは、そんなに優しいことではないと思います。
女性の定年後は、男性よりも難しい気がします。

男性は既に定年退職後を何年も何十年も過ごしてきた諸先輩方が
たくさんいます。それらの諸先輩方を見て来ているにもかかわらず、
定年後の生き方に迷い悩み、生きにくさを感じている人も多くいる
からです。

婦人公論では、「これからは自分のために生きると決め、
自分を解放することも。人生の節目こそ自分らしさを取り戻すチャンス」
・・・これは定年男性も同じか・・・・・そして、降りられない大変さと、
退くことの難しさも同じか・・・・・とあります。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年と読書そして積読(つんどく)について

昨年のことですが、若松英輔さんが積読(積読病)について、
このようなことを書いています。(2016年12月17日・中日春秋)

「私たちは読めない本との間にも無言の対話を続けている。それは会い、
話したいと願う人にも似て、その存在を遠くに感じながら、ふさわしい
時期の到来を待っている」。だから、こういう本はじっくりかみしめる
ように読もうと、枕元の本の一番上に置く。かくして積読の山は、
また高くなる。ということのようです。

この文章を読んで、この気持ちが分かるような気がします。

私は、読書家ではとてもありませんが、本は大好きです。
本というのは、その時に買わないと、いつのまにか本屋さんから
姿を消しますし、本のタイトルや著者も忘れてしまいます。
強調文

今は、アマゾンなど通販を使えば比較的いつでも手に入りますが、
当時はアマゾンのような便利なものはありませんので、「ピンと来た」
らまず買っておくことでした。

会社帰りに本屋さんを覗けば、「ピンと来て」買ってしまいます。
当然、読む本は限られていますから、買った本がどんどん自宅で
積まれるわけです。

さて、そろそろ読もうかと思うと、せっかく楽しみで買ったのに
「こんなにも早く読むのはもったい!もっとあっためてから」と
思ってしまうのです。読んでしまったら、読む前の楽しみが消える
からです。


そうして、その時点での積読本の中でも、読みたい興味のより低い
方の本から読んでいくことになります。より興味度の高い積読本は
まだ今読むのが“もったいない”から後回しになるのです。

こうして、こうして・・・・・・・・・・より興味関心があり
大切に思えば思うほど「読むのがもったいない本!」として、
いつまでもいつまでも積読本のなから脱出することなく、積まれる
ことになります。

定年を迎えた今、やっとこのような積読本を一冊、また一冊と、
拾い出しては読み始めているのです。


この時間は、当然ながら最高に楽しい時間となります!
なぜなら、ず~っと、買ってきてたものの、“読むのがもったいない”
事から読めていなかった本だからです!!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年前後に“出会い直す”力を!

京都の日本舞踊の流派「井上流」の5代目井上八千代さんが
TVの「スイッチインタビュー」の中でこのような話をされて
いました。(黒柳徹子さんとの対談で)

井上流は京都五花街の一つ祇園の芸舞妓さんの踊りの師匠であり、
春の「都をどり」で良く知られています。

それは、
「若いうちに出会っておいて、それに度々何度か出会い直す。
次に出会った時には全然違うことがある・・・・・」と。


これは、人でも習い事でも仕事でも興味を持ったことでも・・。
最初に出会ったときから何年、何十年を経過してまた出会った。

この出会いから、友人との関係が深まることもあるでしょう。
習い事や興味を持ったことに何度も出会いながら出来なかったことが
もう一度出会ったことで自分のものになることもあるでしょう。

定年退職前後の年齢になれば出会った人や様々な経験のなかで芽生えた
ものごとはたくさんあると思います。それらに再び“出会い直す”機会
があればやってみたいことや求めていたことをもう一度確信するチャンス
になるでしょう。

5代目井上八千代さんが言われた“出会い直す”ことは若い人たちには
あまり機会がありません。定年退職前後の人たちだけがもちえる特権でも
あるのです。


まだまだこれから“出会い直す”ことがたくさんありそうですね。
積極的に「出会い直す力」を見せて行きましょう!
興味と好奇心と、少しばかりの行動力があれば!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職後も人生は変化でいっぱい

定年退職者は定年後の人生は安定していて、これからのことの多くも
予測可能であることを望んでいるのではないでしょうか?

ところが、人生はいくつになっても変化でいっぱいなのですね。

まず、昨日の自分と今日の自分とは同じではありません。
おそらく明日の自分も。
何より、全く同じ日は二度と来ません。

また、昨日は何か新しい経験をしたり、新しいことを学んだり、
見たり、知ったりしたことでしょう。今日は昨日とはまた異なる
何かを・・・そして明日はまた異なる何かを・・・と人生は続いていきます。

これを昔の人は「ゆく川の流れは絶えずしてしかももとの水にあらず」
と表現していますね。


このように絶え間なく人生は変化が続いて行くのなら、この変化を
毎日期待して、楽しんだり、すすんで取り入れたりしたらどうでしょうか?

身近な変化を、身近に感じ楽しむ!

私は「変化」=「成長」だと思っています。
中高年になって、定年退職の年齢になって、いまさら“成長”なんて
ありえない。恥ずかしくて言えないと思うのでしたら、“変化”でいいのです。


中高年者や定年退職者が感じる“変化”は“成長”したことだと思います!!
毎日何らかの変化を感じたら、成長していると考えていいのではないでしょうか。


そして、変化を楽しむということは、積極的に生きて行くことになります。
定年後を積極的に生きるのか、消極的に生きるのか、どうしますか??


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年後も心地よいストレスは必要!

今回も『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』
(ケリー・マクゴニガル)から一つ引用します。

「充実感をもたらすストレスが欠如すると、健康に影響が出てきます。
ある大規模な疫学調査では「非常に退屈」だと答えた中高年の男性たちは、
その後20年間で心臓発作で死亡するリスクが、2倍以上も高くなることが
分かりました。それとは対照的に、目的意識を持って生活している人たちは、
長生きすることが多くの調査で明らかになっています。
人々が生活の中で大きなストレスを感じることが、最も生きがいを感じる
ことと重なっている場合には、そのストレスがむしろ健康に役立っている
のは明らかです。」

非常に退屈では健康上も宜しくない、充実感を持つストレスなら健康上にも
良い影響を及ぼすということですね。

以前にこのブログで、現役時代に仕事をする中ではいろんなストレスを
抱えながら働いている。そして、定年退職すれば仕事に関わるストレス
はなくなり楽しい日々だけが待っていると多くの定年退職前の人たちは
考えながら仕事をしている。

ところが、定年退職しストレスのない楽しい日々を思い描いていたにも
関わらず、毎日退屈な何もすることのない日々が続くとすると・・・。

何かをしなければならない、でも思いつくものは何もないということ
からストレスを抱え始めていつしか大きなストレスになっていく。
せっかくストレスのない日を望んでいたのにむしろ新たなストレス
を抱えてしまうことになる。こちらも良く聞く話です。

こうなると結局は、ストレスの問題より定年後の日々の生活が充実して
生きがいがあり楽しい生活をしているのか、それとも退屈であまり楽しく
もない日々の生活をしているのかということが健康上も重要だという
ことですね。


誰しも退屈で楽しくもない人生を求めているわけではありません。
充実して生きがいがあり楽しい人生を求めているのです。

もし、退屈で暇ばかりならまず目の前にあることをやってみましょう!
日々することがあり、少しでも充実して楽しくなってくるようであれば、
暇な時間を暇として楽しめるようになってくるような気がします。


ひょっとしたら、“暇を楽しむ”ことも大切なことのように思います!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年後は何事もポジティブに!!の方がいいですよ。

『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(ケリー・マクゴニガル)
の中にこんな文章が出てきます。

「ものごとに対する考え方の中には、寿命に影響することがあることは、
私も既に認識していました。たとえば、年齢を重ねることをポジティブに
とらえている人は、ネガティブにとらえている人よりも長生きします。」


また、こんなことも書かれています。

「エール大学のある有名な研究では、中年の男女を20年にわたって調査
しました。その結果、中年期に年齢を重ねることをポジティブにとらえて
いた人たちは、ネガティブにとらえていた人たちよりも、平均寿命が
7.6年も長かったのです」


このように、ポジティブ!にものごとを捉える。何事もポジティブに考える、
ということが人生を楽しく生き生きさせるだけでなく、長生きにも影響を
及ぼすとなれば、なおさらポジティブに生きることが大切であることが
分かりますね。


私も感じることですが、皆さんにも経験があるでしょう。
困った時や悩んで判断に迷ったりした時に、また追い込まれた時等に
とにかくポジティブに考えてみたり、ポジティブに行動してみたりする
ことで理由は何か分からないけど、とりあえず上手くいったことが。

特に定年後の人生は会社や組織や人間の上下関係などのしがらみや利害が
絡むことはほとんどありません。

であれば、ポジティブにことを考え進めて行くことに何ら躊躇することは
ありませんね!!


最後にもう一つ本の中から紹介します。
「ものごとに対する考え方が大きな影響を及ぼすことを示すもう一つの例は、
信用に関することです。『ほとんどのことは信用できる』と考えている人は
、長生きする傾向にあります。デユーク大学が15年かけて行った研究によると、
55歳以上の成人で『人を信用できる』と思っている人たちの60%は、
15年後の研究終了時にも生存していました。それとは逆に、『人は信用できない』
と思っていた人たちの60%は、研究終了時には既に亡くなっていました」


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職向けセカンドステージはじめの一歩セミナーから

先般『定年後は自分のため地域のために生きる!』と題して、
セミナーをやらせて頂きました。

定年退職前後の男性を対象とした内容だったのですが、想定以上に
女性が多く、内容的に通じるかどうかとの不安もありましたが、
下記のような感想がアンケートにあり安心した次第です。
・定年後のすばらしいお話、主人にも帰って話します
・わかり易く(夫との暮らしと同じ様でした)良かったです


多くの定年退職前の夫の奥さんたちは「定年になったら、うちの主人は
定年後の人生をどうして過ごしていくのだろう?」と不安に思っている
ものです。


また、定年退職した夫の奥さんたちは「定年になったら何もすることも、
意欲もなく、毎日無為に過ごしているように見える」と不満を漏らすこと
が多いそうです。


定年退職前後の夫を持つ奥さんたちは、自分と夫との関わりの中でなるべく
夫には定年退職後も何か生きがいを持って自分一人で(奥さんに迷惑をかけず)
生きる力を養ってほしいと望んでいるようです。


なので、奥さんたちは定年退職後の人生~うんぬん~のセミナーや、地域デビュー
やセカンドステージの生き方等の講座に関心を持って出席される方も多いのですね。


「自分の夫は大丈夫だろうか」と心配・・・?ということですね。
あるいは、「この話を夫に聞かせなくては・・・」もあるのでしょうね。
でも、本音は「元気なうちはもっと働いて、稼いで欲しい」ということ
なのかもしれません。


いずれにしても、定年後の生き方、そして家族との過ごし方は大きなテーマ
なのです

その他の主な感想(アンケートより)は下記の通りです。
・当方55歳ではありますが、今後迎えるであろう定年後に向け、大変勉強になりました
・時間の使い方を考えてみたい。自分のための生きがいをみつけたい
・今回のテーマは、これからの人生で必要なこと
・定年後の人生の長さを認識することができた。 地域とどのように付き合っていくべきか、
具体的なアドバイスがあり大変参考になった
・何気なく人生を送っていたけど、もっと考えて計画性ももって残りの人生を・・・

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

あなたにとって長寿化はプラス、それともマイナス?

先日「人生100年時代の生き方・考え方、そしてこれから
どのように計画を立て、長寿化時代を描くのか」的なセミナーを
やりました。

長い生涯で何が変わるのか?過去の長寿化モデルは役に立つのか?
そして、長寿化時代に必要なものは何か?等々についてです

まず参加者の皆さんに、長寿化によって自分の身の回りで起きると
想定されることをたくさん書きあげてもらいました。


10個以上20個近く書いてもらった後に、それぞれ書いたことを
自分にとっての長寿化のマイナス面に属すると思われるものか、
それともプラス面に属すると思われるものかに分けてもらいました。

さて、マイナス面、プラス面、どちらが多いかと思いますか?

書きだしたことのほとんどがマイナス面に関してのことだったのです。
せっかく長寿化時代で、長生きができるというのに・・・・・です。


たしかに病気の心配、認知症は大丈夫だろうか、介護が必要になった
らどうしよう、・・・・・心配事はいくらでも出てきますね。

一方のプラス面では、長生きできるようになったら、まだまだやれることが
たくさんある。趣味を楽しめる、旅行もいろんな所へ行ける、新しいことや
もう一度学びたいこと等の学び直しもできるし、時間をかければ楽しいことも
いっぱいあるから、という発想になかなかなれないのですね。


どうしてだろう?と、考えてみました。

それはきっと、自分の人生を(自分のキャリアを)これからどのように
描いていき(デザインして)、自分のなりたい姿やありたい姿について
じっくり考える機会がなかったためではないのかという、気がします。


自分自身のキャリアについて考え直す機会を持つ、機会を作る。
自分自身のキャリアについて、キャリアカウンセラー等に相談する。
定年後やセカンドライフに関するセミナーや講座等に出て見る。

自分自身のこれからのキャリアについて考えることで、人生100年時代
の長寿化で、自分にとってプラスの面がたくさん描けるようになるのでは
ないでしょうか。


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職後の自分の世界はどう変わる?

さて、定年退職した時から会社という世界と縁を切った自分の人生や
自分の世界は、いったいどのように変わっていくのでしょうか、


ノンフィクション作家の沢木耕太郎の著書『敗れざる者たち』の
なかにこのような文章があります。

「一つの世界を捨てた後に、人はどのようにもう一つの世界を生きる
ことができるのか。人の目にさらされることで自分自身の存在を確認
していた人間が、いかにして無名の世界に生きていけるか。・・(中略)・・
しびれるような興奮の一瞬一瞬を生きていたものが、長くだるい日常を
どのように生きていけるか。答えは無数にあるだろう。」

この文章を、サラリーマンの定年にあてはめてみるとこのようになるでしょう。

「サラリーマンとして定年まで、あるいは長期間勤めた会社を、定年退職
という形で捨てた後に、定年退職者はどのようにもう一つの人生を生きる
ことができるのか。いままでは仕事というパフォーマンスの場があった。
名刺や肩書もあり無名ではなかったが、定年になれば名前がなくなる。
無名になるということであるが、ななしの権兵衛さんで生きていけるのか?
・・・・・

(中略)・・・チームの中で実績を上げ、同僚達から羨ましがられ
上司からは皆の前で褒められたこともあったが、定年後のこれからの長く
だるい日常をどのように生きて行けばいいのか。考え悩む日々だが・・・
答えは無数にあるだろう。」、ということでしょうか。


その通りで、“答え”は無数にあるはずです。
無数にある中の、どれでもいいので“答え”を見つけることです。

人は皆違っていいといいます。
定年後も人それぞれ、皆違っていいのです・・・が、

せめて、無数にある答え中で、自分の定年後の人生を生きる“答え”は
出しておくほうがいいでしょう!!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年後に、趣味あるの?

6月に私が関わっている市民大学の講座の一つとして、
『セカンドステージにおいて大切なもの!』と題して
セミナーをやらせてもらいました。

13名の方が参加されました。
大半がすでに、定年退職した方及び定年に見合う年齢の方です。

セミナーの中で、最初に四つのことを聞いてみました。

これからの人生やりたいことが ・ある・ない
自分は人の役に立っていると  ・思う・思わない
地域の役や、団体から声をかけられたことが  ・ある・ない
仕事や家庭以外に居場所は  ・ある・ない


ほとんどの方が、ある、思う、ある、ある、と応えられました。
定年後の人生において意識のある、意識の高い方たちだと思いました。

途中、次のようなことを聞いてみました。
“趣味”ありますか?と。
ほぼ全員が、ある、というような顔をされていました。

そこで、さらに聞いてみました。
この1週間で、今考えた自分の“趣味”にどれだけの時間を使いましたか?

10時間から20時間使ったと、一人の方が手を上げました。
5時間以上は、二人。
この方たちは、本当に自分の趣味を楽しんでおられると思います。

ところが、ほとんどの方は、1時間~2時間程度だそうです。
1週間に、自分が趣味だと思っていることにつかった時間が
わずか1時間~2時間程度ということに、どう思われますか?


わずか1時間~2時間程度しか時間を使わなかったことを
“趣味”と言えるのでしょうか。
ひょっとしら、“趣味は無い”も同然ではないでしょうか。
“趣味は無い”ということではないでしょうか。


このように、本当に楽しみながら、時間を費やしながら
ある意味夢中になれる“趣味”などなかなか見つからない
ものではないでしょうか。

“趣味”というものは、そう簡単に見つかるものではないし、
まして、本当に楽しみ、時間を費やし夢中になれる趣味などは
定年後に見つけようとしても、見つかるものではないという
ことですね。


定年退職前から好きなことやりたいことを、どんどん自分の趣味に
していきましょう。楽しみ、時間を費やし、夢中になれることを・
・・・ですね。

楽しめる趣味もなかったとしたら・・どうやって時間を過ごすのでしょう。

定年後の一日一日は長いです!
そして、長いです・・・人生は!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年後こそ大切な仲間(友達)、そして新しい仲間づくりも

現役サラリーマン時代の仲間づくりは、主に人脈作り。
自分に役に立ちそうな人を見つけ出しては仲良くしてもらう。
あるいは、今は役に立ちそうもないけど、いつかは役に立つかも
しれないので、今のうちに仲良くしておこうと・・・。

何を基準にして仲間を作ろうとしていたかというと、多くは
「役に立つかどうか?」が基準だったのではないでしょうか。

ところが、定年退職を意識した頃から、あるいは定年退職して
しまったなら、もうそんな仲間は必要ないのかもしれません。

これから必要な仲間とは、自分の心から「この人とは仲良くしたい」
という仲間です。


それは、
○○といると楽しい
利害関係が何もない
自分のことをよくわかってくれている
一緒にいても疲れない
グチや言いたいことがあると聴いてくれる
何を言ってもよほどのことがない限りは平気
時間が経つのを忘れる
どこかでお互いに尊敬し合える
お互いに学ぶことがある
時が空くと時々会いたくなる
余韻を残して別れられる
共にある時代やある場をある経験を共有している
むしょうに会って何かを喋りたくなる
そろそろ顔が見たくなる
どこかでその仲間を自慢したくなる
信頼ができる
友情ドラマ等を見ると「一度連絡してみよう」と思う
そんな、そんな・・・大切な仲間たちです!!

きっと、中学や高校や大学の同級生、先輩後輩、趣味や地域の仲間、
そして、たとえ仕事仲間であっても共に時代を過ごし戦った仲間たち
ですね。


新しい仲間づくりも大切ですが、一方で昔からの仲間との仲間再構築も、
もっともっと大切なことだと思います

そのような仲間が周りにいるなら、定年後の人生は楽しく、面白く、
そしてなにより「幸せ」を感じて生きて行くことができると思います。


友達(仲間)万歳は、人生万歳!と言えるでしょう!!
定年後は特に、友達を大切に!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

考えてから行動を変えるより、行動を変えると考えが変わる!

定年が見えてきた、あるいは定年になって何か新しいことを始めたい。
会社とは違った別の仲間と交流したり、触れあう機会がほしい。
仕事しかしてこなかったので、そろそろ仕事以外の何かを見つけたい。
これから歳を取っていくことで、今までの自分を変えたい。

・・・・・・・・等々、中高年齢となり定年を意識したり、定年退職
したりすると、いろんな考えが頭をよぎるものです。

いろいろ考えてはみるものの、時間だけ経ってしまい、気がつけばもう
1年も2年も3年も5年も同じようなことを考えていて、結局何も変わらない
まま今も同じ事を考えているのではないでしょうか?

アメリカの組織行動学者であるハーミニア・イバーラは、多くの自分の
キャリアをチェンジした人たち(人生を変えることに成功した人たち)の
研究から、このように言っています。

「頭で考えてから行動を変えるのではなく、まず行動を変えたことにより
考え方が変わったのである」と。


思い切って今までと違った世界に飛び込んでみることで、難しく考えて
いたことがいとも簡単に解決できた経験が、皆さんにもあるのではないで
しょうか。そういうことかもしれません。

そしてこのように行動を変えるタイミングは、定年を意識したこの時や
定年退職した今であれば、その先の人生も楽しくなっていくような気が
しませんか?


小さなことでもいいので、明日から行動を変えてみてはいかがでしょうか。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年基礎力ブログを始めて丸4年!(私の定年後の4年間)

2013年6月26日、定年(退任)退職し、東京から四日市に戻り、
「定年基礎力ブログ!」を書き始めました。

月に3~4回程度更新しながら、丸4年になります。その時々に気づいたこと等
を定年退職前後の人たちに読んで頂けるように分かりやすく書いています。

もう4年かという思いと、まだ4年かとの思いが交錯しています。
地元に戻り好きなことをやりたいとの思いで、「雇用延長」はしないと決めたのは、
雇用延長が一般化してきた定年の数年前でした。

定年後も20年~30年ある、その長い期間をどう生きるかということ
について、50歳頃から考えながら、すぐにでも行動に移せることは
行動することを心掛けていました。


定年後は今までやりたかったけど、できなかったことをやりたい。
報酬のあるなしに関わらず働く、そして出来れば地域貢献がしたいという
思いでした。


定年後4年を迎えた今、おかげさまで、私の定年後は楽しく、忙しく、面白く、
回っているようです。

現役時代から友人らと一緒に活動していた任意団体の「団塊世代の会・大垣」
の活動を、より充実したものにしたいという思いがありました。
54歳の頃から続けていた活動です。


今は、「岐阜コミュニティ創造大学大垣キャンパス」を運営し、講座の専任講師
として関わっています。自分が勉強したことや新たに学んだこと等を講座として
開講し、受講者の皆さんと一方通行にならないよう心掛けています。


一方で、仕事の方は、幸いにも、地元のNPOから声をかけて頂き、おまけに
自分の能力や資格スキルを活かせる仕事ができたことはうれし限りでした。
元々は、定年の数年前(53~54歳の頃)に、このNPOの説明会に何となく
定年後のことを考えながら参加したことがきっかけになったのです。


高校の同級生、大学の同級生、社会人大学院の同期性や大学院の時に
知り合ったお友達とも交流を重ね、交流が続き、定年後の私のかけがえのない財産
となっています。改めて、友人たちに感謝したいです。


愛知県や名古屋市、尾張旭市等の行政機関や、岐阜県のシルバー人材センター、
岐阜の労働局や多治見市の市民講座、大垣市の男女共同参画フォーラム等々
でも定年退職者向けのセミナーの講師等もやりました。


地元では、氏子総代、自治会の役員、さらにより身近な地元でも小中高の
同級生と地域活性のための取り組みを検討中です。

遊びも大切です。海外旅行はドイツや、モルディブ、アメリカ西海岸、
クロアチア等を楽しんで来ました。
時々、大好きな京都を旅行したり、旧街道歩きもしています。
これらは妻と一緒が多いです。

また、26歳の頃から始めたランニングは38年間続けています。フルマラソンも
7回完走しました。今は細々とですが週1~2日ですが、ジョキング程度に続けて
います。

単身赴任時にはランニングの環境を優先するために、1回目の東京は小田急沿線
の経堂に住み、砧公園をホームグランドに、2回目の単身赴任時には東急東横線
の元住吉に住み、多摩川河川敷をホームグランドに、そして福岡単身赴任時
には薬院に住み大濠公園をホームグラウンドにしていました。

それから、東京での単身赴任時代(57歳)に入学した社会人大学院の恩師の
言葉である「生涯育自」のための自分磨きのための勉強も続けています。
また、「大人の絵本読みきかせ隊」の隊員にもなりました。

今まで買っただけで読まずに積読になっていた本を順番に読んだり、
処分する前にもう一度懐かしい本を再読もしています。これらはすべて
自分にとっての楽しみです。

まだまだ他にもやりたいことが山ほどあります。とても定年後の時間としては
少なすぎます。残された時間、何を優先するかを考えながら、今やっておかない
といつやれるのかわかりません。思いついたら、すぐにでもやるということを
心掛けながら、定年後の人生をいきいき楽しく生きて行きたいと思っています。


私の妻は、私のやることに理解があり、単身赴任時の私を「やりたい放題」と
笑って言ってのけました。妻にも妻の趣味があり、お互いに「亭主(女房)
元気で留守が良い」と言いあう関係です。この点では助かります。

最期に、何をやるにも、自分が生きてきたことが活かせられる。
それは、失敗や成功も、悩んだことでさえ。


そして、社会とのつながりの中では、貧しさは我慢できても、
何もやることのない寂しさは我慢できないと!


みなさんの定年後が生き生きと充実しますように。
これから定年を迎える人たちには、少しでも早くから定年後のことを考えて
準備と行動を起こすことを願っています。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年予備軍や定年退職者は年相応に・・・・・??

春日武彦の著書『老いへの不安~歳を取りそこねる人たち、
老いることはむずかしい。』に、こんなことが書いてある。

「自分は初老期に位置している・・・それにしては貫録もないし
深みもない。落ち着きもなければ他人に年輪を感じさせること
もできない。・・・どうやって、キチンと歳を取ったらいいのか
分からない。しかも、自分の周囲を見回し、世代の近い人間を
眺めて見ても、彼らも上手く老人になれそうに思えない・・。」


たしかに、こんな感じであることは実感しますね。

そもそも、もう少しで定年とか、定年退職したけど・・・という
人たちには初老という様子は全く見られないし(私も含めてだけど)、
何よりも「“若い”ですね」という言葉が真っ先に出てしまうことが
多くあるように思います。


長寿化が進む中で、当然ですが高齢の人たちが多くなればなるほど
60歳~70歳くらいまでは「まだ若いですね!」で通ってしまう年齢
になってきたということでしょう。

では、「まだ若いですね!」と言われているくらいでは、春日武彦の
いう「貫録もないし深みもない。落ち着きもなければ他人に年輪を
感じさせることもできない。」年齢ということなのでしょう。

当然、「どうやって、キチンと歳を取ったらいいのか分からない。
しかも、自分の周囲を見回し、世代の近い人間を眺めて見ても、
彼らも上手く老人になれそうに思えない・・。」になるのでしょう。

貫録がつき、深みがあり、落ち着きも出て、他人に年輪を感じさせる
初老の人間になるのはもう少し時間がかかるということになりますね。

そして、貫録がつき、深みがあり、落ち着きも出て、他人に年輪を
感じさせる初老の人間になろうと思えば、定年前からであったり、
定年退職した直後であったり、いずれにしても日々の生活を充実させ
て、初老になってもいきいきと活動しながら過ごすことが大切です。


あらためて「5つの定年基礎力」をまず自分自身にあてはめて見てください。
できているものとできていないもの、代わりになる自分のオリジナル等々
時々チェックしながら、“まだ若い”を堪能して下さい。

まだまだ定年には?と思っているあなたも、今から準備して下さい!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR