定年退職者の心の悩み、中年の危機?

『定年退職者の心の悩み?中年の危機?』

今こそ、発想の転換を!!


人間は、特に60歳を過ぎる頃からは、この先何年生きられるのか?という、自分の人生の終末から残された期間の人生について考えがちになります。
若い頃は、これからの将来に夢があり、「まだまだ人生は長い、何をするにも時間がある」という発想で自分の人生を考えていました。それが、ちょうど60歳を境にして、残された期間が限りないものから、限りあるものに変わってしまうのです。

60歳を境にして、喪失感が増えてきます。
家族や友人を失う、サラリーマンなら「肩書」を失う等、今まで大切にしてきたものを失うということは誰にとっても、辛い厳しいものです。ですが、寿命が延び長生きする人がますます増えて行く超高齢社会に向う現在において、こうした状況に打ち勝っていくための新たたな発想の転換が今求められてもいます。
そうしないと、高齢者にとって、ただ暗いだけの夢も希望もない悲惨な時代を生きて行くことになってしまいます。

ではどう考えて行けばいいのでしょうか?
一方で、60歳を境にした高齢者は、それまでの人生で実に多くのものを得ることが出来ました。家族や友人、身の回りのいろんな物等です。
これからもお嫁さん、孫達と新しい家族も増えて行きます。また、友人も今までの会社を中心とした友人から地域の活動等を通して新たな友人も増えて行くでしょう。
そうした中で、大切にしたいことは、新しい知識や教養といった学習によって自分の人生をより豊かに、知的好奇心を満たしながら新たなことにチャレンジし、自分のポケットをどんどん増やしていくということを考えてみてはいかがでしょうか?

生涯学習です!知識や教養はどれだけでも増やすことが可能です。限りはありません。 そして、自分の考え次第で、誰でも可能なことなのです。

 生涯学習の原点は、人間がだれしも持っている“好奇心”です。
好奇心は、あなたの視野を広げる大きなタネです、人生をいつまでも豊かにしてくれます。
好奇心はタネですから、育って行きます。最初は、ちょっとした小さなことから興味を持ち学習することで、もっと知りたくなり、もっと学びたくなり、どんどん大きく育って行くものです。
 そうすると、今のあなたの知らない世界がいつの間にか自分のものになって、自分をいくつになっても輝き放つ人生に変えてくれるのです。


これからの高齢社会を前向きに生きるためのキーワード、“生涯学習”ではないでしょうか!!
スポンサーサイト

定年退職!とは?

定年退職!とは・・・?

 『定年退職!』という言葉が形骸化しつつあります。
それは、定年退職をするものの、実態としては“退職”しないからです。

 先般、私がいた会社で数年前に同僚として同じ部署で仕事をしていた4名が定年退職することとなった。当時の同じ部署仲間(先輩から後輩まで)に送別会を開催してもらった。  
定年退職者は4名、内3名が退職(1名は悠々自適、2名は社会貢献団体に属する法人で活動)、1名は雇用延長で同じ会社で再雇用と、それぞれが違う道を進むことになった。

これからいくと、一昔前の”定年退職“は1名ということになる。
定年になっても、退職(職を辞めない)しないのである。転職、あるいは部署異動、または降格処分(給料も責任も減る)というのが実態なのである。
 このままだと、企業人、会社人の仕事の一区切りとしての「定年退職」という言葉は、いずれなくなってしまうだろう。

 「定年退職」という言葉が企業人、会社人としての仕事の一区切りの言葉として地位を失うと同時に、いずれ死語になるかというと・・・・・そうでもないだろう。

 それは、企業人、社会人としての仕事の一区切りをあらわす言葉から、人生においての仕事の一区切りの意味での「定年退職」をあらわす言葉としての方がふさわしくなってきたと思われるからである。
 ここでいう人生においての仕事の一区切りとは、従来の定年退職した後の次の仕事からの引退である。定年退職後の再就職からの引退、雇用延長による再雇用からの引退、社会貢献などの地域活動空の引退、場合によっては趣味の会やサークル活動からの引退などである。これらの特徴は、自らの意志で「引退=定年退職」を決めることである。

<*注> ここでいう定年退職した後の仕事とは
 報酬がある(有給)、無報酬(無給)、ボランティア、趣味の活動等に関係なく、何らかの行動がともなう生産的な活動に値するようなことを、広い意味での“仕事”と捉える。そして、この“仕事”からの引退=定年退職を自らの意志で決めると、定義する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 従来の「定年退職」という概念では、自らの意志で定年退職を決定することはなかった。
「定年退職」は、自らの意志に関わらず会社が決めた人事規定等にのっとって会社が決めて、「あなたは定年退職に達しましたから、どうぞ退職下さい!」と拒否権のない決定事項を提示され、「はい、わかりました!」と、定年退職させられたものでした。

 ところが、これからの「定年退職」は自らの意志で、自らの判断で決定するものなのです!

 自らが自分自身の節目として、定年退職を考えることもあるでしょう。
 もう体も動かない、そろそろ後進に道を譲ろうか。
 そろそろ、のんびりして晴耕雨読。
 ゆっくり旅、孫の相手、読書・・・・・。
 
 今までの人生において、大半のことは会社や、周りの人たち、先生や親兄弟、そして社会が判断してくれました、自分の意志を伝えなくても良かったのです。

 だが、定年を迎える年齢に近づいたり、その年齢になったりした今、ようやく自らの意志で、自分自身で判断、決定することで自らのこれからの人生を生きていくことが出来るようになりました。
 そういう意味では、最高の人生を迎えたのではないでしょうか!!

5つの定年基礎力!

 1、趣味を楽しみ活かす力 

  仕事以外に誇れる趣味を持っていることが
  定年後の生きがい形成に大きく影響すると
  考えられる。

 2、居場所を作り行動する力

  個人の意思で参加し、活動の伴う具体的な
  居場所があることが生きがいの対象になっ
  ている。

 3、仲間を求め育てる力 

  社外の仲間との関係強化や関係再構築は、
  仲間の中での自己再確認の場であり、
  交流頻度を増やしたり関係性の質を高める
  ことが行われている。

 4、役立ち感を育み創造する力

  自分がこれまで社会の中でいろんな人たちに
  支えられて生きてきたことに意味を感じ、
  これから自分がどのような生き方をしたいか
  と考えた時、自分もこれからは社会の人たち
  の支えになって行かなければならないので
  はいけないだろうと、気づいている。

 5、キャリアデザイン力
 
  定年後の人生を納得のいくように、定年前か
  ら自らキャリアデザインすることで、不安を
  解消し期待に変えたり、先輩の後姿を通して
  気づきを得たりしている。
  中には、温めてきた夢に向かって進み始め
  る者もいる。

これらの5つの定年基礎力、どのように伸ばし、活かしていけばいいのでしょうか??


「定年基礎力!」とは、何か?

「定年基礎力」とは何か?

定年後も地域で いきいき活動するために、
定年前から身につけておくべき能力!!と、定義する。


定年退職前後の生き方は多様性をおびている。
そこで、定年退職後も地域でいきいき活動していると思われる
定年退職者(早期退職者含む)21名にインタビューを実施した。

インタビュー調査により、定年後も地域でいきいき活動している
人たちには、定年退職前の現役時代から身に付けた能力・スキル
を定年後も活かし、活動していることが明らかになった。

このように定年後も地域でいきいき活動している人たちに共通に
みられる能力・スキル=「定年基礎力」である。

では、「定年基礎力」を検証してみよう・・・・・!


プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR