“中年の危機”に気づく年齢は、人それぞれ

“中年の危機”に気づく年齢は、人それぞれ!

“中年の危機”を感じたことありますか。

中年の危機に気づく年齢は人それぞれ。
40代半ばの人もおれば、50代になった節目の頃、あるいは55歳?
それとも定年退職時?・・・人それぞれです。

1.老いの自覚・体力・気力の衰え
      歳を少しずつ感じる、身体的な変化
      心理的な迷い(このままでいいのか、
      自分はこれでいいのか)
2.時間の有限性 
      残された時間、終わりから人生を捉える。
      残された時間、限られた時間で何が出来るか
3.価値意識の転換 
      仕事一筋から地域へ、地域への恩返し(貢献)
      会社仲間から地域仲間・友人・家族へ


中年の危機に気づいた時、これからの人生を真剣に考えるか、それとも
気づいたにもかかわらず、見て見ぬふりをするか、によってその後の人生は
大きく変わってくるのではないでしょうか。

まったく気づかずに60歳を超えてしまった、という人もいるかもしれません。
でもこのような人は、・・・これからの人生、どうデザインしていくのでしょうか??

もうそろそろこの辺で、会社一辺倒のサラリーマン生活から定年退職後の生活を視野に
入れた過ごし方を模索し、少しずつ移行を考えようかと、ふと悩む。

この時期こそ、自分にとって何が本当に大切なのかを考えることなく、それまで通りの生活を
続けてしまうと、定年退職後に路頭に迷うことになるのですね。

まず「中年の危機に気づく!」こと、そして、この危機を転機から好機に変えていく
発想こそ、中高年齢者に最も求められることではないでしょうか?


この年末年始のこの機会に、「中年の危機」について、何か気づいてみませんか??
スポンサーサイト

「定年退職者の今の生き方から見えてくる、未来の10年後20年後・・・」

「定年退職者の今の生き方から見えてくる、未来の10年後20年後・・・」

定年退職者の方の多くは60代です。
まだまだ若い、とても高齢者という気分ではありません。

が、70歳を超えると各人の個人差は大きくひらいてきます。
「若いな?」の70歳と、「高齢者のよう?」な70歳に。


見た目に加えて、行動スタイルや、内面的な変化によっても、
大きな差が出てくるように思います。

さて、70代をどのように過ごすかは、今の60代の生き方、過ごし方にかかっている
と言っても、言い過ぎではないでしょう。


今(60代)をどう生きるか、どう過ごすか・・・・・です。
何も70代や10年後を見据えて過ごしているわけではなくても、
今をどう生きるかが、70代や10年後に、やはり大きく影響してくるのです。

50代の時に定年後のことを考えて、生きたり、過ごしたりしましたか?
そのように生き、過ごした方はどのような60代を今生きているのでしょうか?

一方、50代の頃に定年後や60代のことを何一つ考えることなく仕事一途。
あるいは、定年後のことや60代のことを心配しながらも何もやってこなかった
人たちは、何もしなかったツケが回って来ているのではないでしょうか。

次の10年(70代)はそうならないために!
今の(定年後、60代)生き方、過ごし方を真剣に考える時なのですね。

今から70代、10年後の自分自身のキャリア(生き方、過ごし方)について
デザインしていくことはとても重要です。
が、そのようにデザインしても、そのように自身のキャリアがつながっていくか
というと、そうとは限りません。

特に高齢期(70代~)のキャリアには予期せぬことが付きもののように思います。
しかし、ある程度キャリアがデザインできていれば、自分のキャリアを柔軟に
変えていくということはそんなに難しくはないでしょう。


柔軟に切り替えていくという発想を身につける必要があるかもしれません。
今までの自分の生き方に対して、頑固過ぎないことも大切ですね。

まずは、今を充実させる。

その生き方、過ごし方から、70代(10年後)の生き方、過ごし方の
ヒントが見つかり、柔軟に対応できる生き方、過ごし方を見いだして
いくことができるでしょう!

定年退職者が孤立しないために!

定年退職者が孤立しないために!

読んだ本の中にこんな話が紹介されていました。

「千葉県のある団地で、地域で孤立する人の生活には共通した傾向が見られるそうです。
具体的には、「近所の人に挨拶しない」「友だちが少ない」「地域の催しに参加しない」
「ゴミ出しができない」「料理ができない」「お酒をやめない」など、“ないないづくし”
の生活パターンである」と。


さて、あなたの身の回りにも、こんな人いませんか?

定年退職して数年経って、仕事もしていなくて、あまり外でも見かけない。
ボランティア、NPO、趣味のサークル、市民講座、などなどの
すべてにノーを突きつけて、何をするでもなくさまよっている
定年退職者の人たちです。

社会とのつながりもなくなっていき、コミュニケーションをとる機会すら
なくなっていきます。そうなるとコミュニケーション能力を開発していく力もなくなり、
仲間や近所の人との交流はますますなくなります。


そして、外に出る機会もなくなると、一日中家の中に引きこもる
ことになります。
また、外に出たにしても、さて、「どこに行けばいいのでしょうか?」
どこに自分が過ごす場所があるのでしょうか?

定年後も地域でいきいき活動している人がいる半面、
一定数の定年引きこもりの人もいるようです。

地域では、一定数の定年引きこもり状態の人たちを、どのようにして
地域の活動などに引っ張り出せないかといろいろ思案をされているようです。
定年引きこもり状態の人が、そののち「孤立化」する可能性が高いからですね。

私が研究した「定年基礎力!」は、定年後も地域でいきいき活動するための
基礎能力とスキルとして、定年退職前から身につけること、としました。


定年退職が近いみなさん、あるいは定年はまだ先だと思っているみなさんも、
定年後のことを考える時間を作ってみて下さい。


また既に定年退職して、もしも自宅引きこもりに近い状態であれば、
もう一度10年先、20年先を思い描いて下さい。
そこには、何が見えてくるのでしょうか??

すべてにノーを突きつけるのではなく、一つでいいからイエスと言えれば、
定年後の人生も変わってくるのではないでしょうか?

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR