定年退職と地域デビュー(地域活動)

定年退職と地域デビュー(地域活動)

定年退職者の地域デビューは簡単なようで、それがそれが、相当ハードルが
高いようです。デビューしなくちゃと思いつつも、なかなかデビュー出来ない
のではないでしょうか?

岸田(2003)は「定年によるソーシャル・キャピタルの変化」と題する
10年間の追跡パネル調査の中で、若い母親の子供の公園デビューと
定年退職者の地域デビューを対比
して、子育て期において若い母親が
子供を公園デビューさせることは大きなイベントの一つといわれている。

定年退職者の地域デビューもこれと同じことではないかということを
問題意識として取り上げた。


「親の庇護の行き届く家から大勢の人が行きかう地域への乳幼児の
デビューは、会社の庇護の下で守られていた就業者が、定年を契機に
企業という均質化した社会から多様な人が行きかう地域に再度コミット
する過程と酷似している」と述べている。


違っていることは、「乳幼児の場合は、母親や父親という公園デビュー
においては十分すぎる後ろ盾がいるのに対して、定年退職者には本来
後ろ盾が必要であるにも関わらず、それが無いという点である」と述べ、
定年退職者の現実を厳しく論じている。


このことからすると、すでに会社という後ろ盾もなくなり、たった一人で
定年後に地域デビューすることは人生の一大イベントとして、定年退職者
には大きなストレスの伴うものであることが想像されるのである。


さて、定年退職者の皆さん、“地域デビュー”はいかがでしょうか?
既にデビューされたでしょうか?
それとも、デビューはこれから?
デビューはしない?

誰でも地域デビューしようと思ったら、出来るだけスムーズにデビュー
出来た方が良いですね。

定年退職前から少なくとも5つの“定年基礎力”!
身につける能力として大切ではないでしょうか??

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
スポンサーサイト

定年退職前~定年退職後のプロセス?

定年退職前~定年退職後のプロセス?

社会学者のアチュリーは、退職のプロセスを6段階に分けて説明
しています。

①退職直前段階、②退職直後のハネムーン段階、③幻滅団塊
④再志向段階、⑤安定段階、⑥終結段階です。


サラリーマンは、①の退職直前においては、退職に関して様々な想いを
めぐらしたり、空想にふけったりする。次の②退職直後は退職前に想い
めぐらしていたことをやろうとしたり実行に移そうとして、まさに
ハネムーンのようにうきうきする幸福感に満ちた段階。

ところが、想いめぐらしたことをやろうとして、なかなか上手く出来ない。
やっと自由に好きなゴルフばかりしていても、何も満たされない等、③の
幻滅段階を迎えてしまう。

そして、あらためて定年退職とはを考え直す④の再志向段階に入る。
ここでうまく立ち直れば⑤の安定段階に移るが、失敗すると再び③の
幻滅段階に陥ってしまう。その後良いにつけ悪いにつけ定年退職後を
全うして⑥の終結段階を迎えることになるのです。

ここで何を言いたいかというと、退職直前ではなく退職を意識した
50代に入った頃から、定年退職への準備を始め、気持ちの切り替えや
パラレルに自分の人生を切り開くことで②の退職直後のハネムーン状態
を維持しさらに充実させて、ハネムーン状態を維持し続けることができる
のではないかということです。


定年退職に向けて定年後の人生を考えること。そして、行動に移せる
ことは、それが早ければ早いほど充実した定年後の人生を歩むことが
できるのだと思います。

そうした観点から、企業等で行われる「定年退職準備講座」(プログラム)
を、遅くとも50歳になったらすぐに取り入れるなどして、早い段階から
定年退職に向けた準備が必要だと思われます。


定年退職前から5つの「定年基礎力!」を身につけることで、
定年退職後の人生を、ハネムーン状態として持ち続けたいものです!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年退職と人との出会い?

定年退職と人との出会い?

定年退職すると、人との出会いや会う機会が極端になくなり、出会う人や
会う人がずいぶんと減ってしまいます。

特に、現役サラリーマン時代の大半は人に会うのが仕事だったという
人たちは、人と会う機会が減ることで、よけいに精神的なダメージが
大きいでしょう。

それくらい、人との出会いや人に会うことは大切だということに
今さらながら気づく人も多いのではないでしょうか?


「一期一会」といいます。
それくらい、人との出会いが人生に与える影響ははかりしれないという
ことですね。

また、人と人が会うのは何でもないことのようで、いつでもまた会えると
思いがちですが、それが最後になることもあるのです。


数年前、私は友人にある月末近くに「一度、会おう」とTELしようと
思いながら、その日は別の予定もあったので「まぁ、来月初めでいいか」
と、TELをしませんでした。

月末、友人は不慮の死をとげました。
「あの時TELをし、会っておけば・・・」と、とても後悔しました。

5つの「定年基礎力!」の一つに、「仲間を求め育てる力」があります。
定年退職する前から、地域仲間構築力、同級生仲間構築力、社外仲間構築力、
そして特技や資格や趣味の仲間構築力を身につけましょう!

同窓会やクラス会には出席しましょう!
仲間との活動、創っておきましょう!
地域にも出会いはたくさんあります!


いつでも会う機会があると思っていても、それが最後になることもあるのです!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR