定年を意識したら、やっぱり行動に勝るものはない!

行動を起こすことがなにより!

『定年って、いいもんだ!』(加藤仁)の中に、
「(中略)ふさいだ気持ちで自宅にいる人たちがたくさんいることも
知らされた。退職後、自宅の二階にあがる気力もなくなってしまったり、
一通の手紙を書くのさえも面倒になったり、テレビを見るでもなく居間に
臥せっていたりという、自分でも“変だ・・”と思う体験をして、
長期間にわたる無為の日々を過ごした人たち・・・」

このような人たちがどのようにして立ち直ったのか、というと
歩いたり(ウオーキング)、山登りとか、とにかく足(脚力)を使う
ことから始めたそうです。行動することからです。

たしかに“足”を使うことは大切です、行動するための原点です

一方で、行動するには当然足は使いますが、何か「目的」がないと
行動にはつながりません。逆に「目的」さえあれば、行動すること
になるのです。


「目的(=目標)」を、どのように見つけるか。
何を、当面の自分の目標にするのか。
「目標」さえあれば、行動することは簡単ですね。


そして、現代の行動は何も足を使うことだけではなさそうです。
メールやブログやフェイスブック等各種SNS等を使うことによって、
自宅から、自室から行動を起こすこともできるのです。

ブログやフェイスブック等で興味のある記事や面白い記事を見つけたら
発信しているその人に積極的に返信したり感想を書いたりしてみては
いかがでしょうか?(もちろん常識のある範囲で)

あるいは、関心のあるセミナーや活動の場を見つけたら思いきって参加
してみてはいかがでしょうか?

やっぱり、行動に勝るものはない。
そして、行動を起こすことが何より、ですね。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

スポンサーサイト

現役サラリーマン時代に“自由時間”が欲しいと思ったことありませんか?

“自由時間”が欲しいと思ったことありますよね。
たぶん、ほとんどの人がそういう思いを持ったことがあるはずです。
私も、いつもそう思いながら叶わぬことに、半分はあきらめ状態でした。

さて、定年退職した皆さんは、今はどうでしょうか?
自由時間があることに喜びと満足を感じていますか?

以外と、自由時間を持て余していたりして・・・いませんか。
あるいは、自由時間がありすぎることを苦痛にまで思っている人も
いるかもしれません。現実に、これはよく聞く話でもあります。

あるセミナーで、こんな話を聞きました。
定年退職者が手帳を見ながら「ほぼ毎日予定で手帳はうまっている」と、
自信満々に忙しいとうれしそうに言ったそうです。

よくよく中身を聞いたら、毎日毎日場所を変えてそれぞれの百貨店の
催し物として開催されている各地域の“物産展”、いわゆる
「北海道物産展」とか、「京都展」とかに行く予定でうまっている
ことだったそうです。

みなさんは、どう考えますか?
別に悪いことではないし、多くの人が集まることで百貨店としては
人気の催し物だということですので、それはそれとして・・・ですが。

みなさんの手帳の予定はどうでしょうか?

百貨店の催し物もいいですが、友人に会うとか、趣味の活動に参加
するとか、コンサートに行くとか、美術館に行くとか、スポーツを
するとか・・・・・バラエティに富んでいる方が充実感を感じられる
と思うのですが、いかがでしょうか?

私の友人が「とにかく予定(スケジュール)をうめるようにしている」と
言っているので、予定表を見せてもらったら、どんな内容であれ、
その予定の大半は“人”にからむことでした。


人に会う、サークルに出る、会合に出る、仲間と祭りの準備をする等。
中には、マージャンをするというのもありましたが。

キーワードは“人”だと思います。

どんな形でもいいので、“人”にからませた予定があると、素晴らしいな
と思います!!


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

定年を意識したら、自由気ままに、他人の評価を気にしない!

定年を意識したら、自由気ままに、他人の評価を気にしない!

おもしろい事業や活動をしている多くの女性がいます。
大学院時代の仲間や地域の仲間等、私の周辺にもたくさんいます。
彼女らはユニークな発想で、行動的で楽しみながらやっているような気がします。

これは、他人の評価を気にしない人が自由な発想でやりたいことにチャレンジ
した結果だと思います。


男性、特にサラリーマンを定年まで全うした人たちには、やれと言われても
出来ないことです。

長い間に優秀なサラリーマンであろうとして培った組織への忠誠(上司等)、
組織や上司からの指示待ち、上司や周りからの評価、そして世間体。
こうしたことが身に付いた体では、到底考え及ばないことです。


定年を意識した今、ようやく定年退職した今、サラリーマン時代の呪縛は
もうありません。自由気ままに、他人の評価を気にしない、いろんな発想を
人生で初めて考えて見てはいかがでしょか?


自分の身の回りに、そのような女性がいたら話を聞いてみるのもいいでしょう。
身近にいなければ、友人に聞いたり、ネットで探す、セミナーや講座に行く等
機会はいろいろあると思います。

最も大切なことは、他人の評価は自分では左右できないものです。
自分の意思で左右できるのは、他人の評価に対した時に自分がとるべく
態度です。それがわかれば、自由きままに、他人の評価を気にせず、
今の自分がやりたいことに何でもチャレンジすればいいと思います。


定年を意識した時、定年退職した時、身も心も自由になります!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR