定年退職に関しては“過去のモデルは役立たないのか”

『LIFE SHIFT』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット)では、
「長寿化は社会に一大革命をもたらす」と。

人々の働き方や教育のあり方も変わるし、余暇時間の過ごし方も変わってしまう。

そうなると、今までの定年退職者の定年後の生き方やあり方は参考にならない
ということなのでしょうか?

私はそうは思いません。
定年退職者の定年退職後の生き方やあり方については、過去の先輩達、現在
定年退職の人生を生きている人たちから学ぶことが多いにあると思います。

“過去のモデルは役に立たない”とは、定年退職を迎えるまでの“現役”世代
の定年を意識した、定年後を意識した働き方や生き方にまつわる事のように
思います。

大きく異なり、かつ大きな問題となるのが長寿化により定年後も何十年という
“なが~い期間”があなたを待っているということです。


この“なが~い期間”を生きるために自分はどうしていくのかという課題に
ついて現役世代から考えておくということ。このモデルはありません。


少しでも早く、そして肉体的にも体力的にも行動ができる現役世代こそ
長寿化時代の定年後のことを最優先に考えておかないといけないのでは
ないでしょうか。

定年年齢が遅くなるでしょう。
何歳まで働くのか、あるいは働けるのか。
報酬の大小にはどこまでこだわるのか。
報酬の有る無しにかかわらず働く(活動する)ことはできるのか。

定年という概念がそもそも無くなるのかもしれません。
無くなっても、自分の気持ちの中には“定年”はどこかにあるはずです。


現役世代の働き方も大きく変わる可能性がありますが、定年後も長いです。
“現役プラス定年“で一つの人生です。両方とも大切です。


本では「最も大きく変わることが求められるのは個人だ!」としています。
結局は個人の責任ということになるのでしょう。

変わり来る時代の定年後!
定年基礎力が役に立つことは変わらないと思います。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
スポンサーサイト

シニアの働き方~それでいいの?②

前回のブログで、4月19日にネット配信された「キャリアを捨てる働き方
~定年シニアが生き残るには」から引用し書きました。その続きです。

あるハローワーク休職探しに来た59歳の方の話しが出ていました。
「時間が余っちゃってさぁ~」ということだそうです。

この方は定年を待たずに退職し、趣味の登山や読書を楽しんでいた。

少しゆっくりしたい!、定年退職者の誰もが最初に思うことですね。
40年前後働いたのであれば当然のこと、むしろ休まずそのままよりも
少しだけでも自分を見直し、家族を見直し、地域も見直すいい機会だと
私は思います。

この59歳の方は、そうして定年後の生活を楽しんでいたものの、
だんだんと時間を持て余すようになってきた。それならば少しは
働いた方が良いだろうと考えてハローワークに来たようです。


私の友人がこのようにいっていました。
「定年になって何もしなくなってから始めて気づいたことは、“土曜日曜”
という休みがあるから毎日仕事に行けていた。仕事に行かなくなって、土曜・
日曜という休みを意識するどころか、毎日が日曜日になってしまった。これ
では味気なく、楽しみな土曜日曜をもう一度かみしめるためにハローワーク
に、思わず足を運んでいた」と。

これは、仕事ももちろんですが、報酬の有る無しに関わらず、
「時間が余っちゃってさぁ~」にならないように、そしてこの問題に
どう取り組んで行くか?かは、さらにその先(仕事を終えた)の期間を
考えた場合に大きな避けて通れない重要な問題になることは間違いありません。


報酬の有る無しに関わらず、何かやることがないといけませんね。

今まで私が4年間かけて書いてきたこのブログには、この問題に取り組む
ためのヒントを多く書いてきたつもりです。


今一度目を通して下さり、定年後の生き方働き方の参考にしてみて下さい。

定年後のあなたの、何らかのヒントになれば幸いです!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp

シニアの働き方~それでいいの?①

4月19日に「キャリアを捨てる働き方~定年シニアが生き残るには」が
ネット配信されたが、このようなことが書かれている。→

定年後も働き続ける人が増えている。
定年後も新たな仕事を探す人も増えている。
ところが本人と求人企業とのマッチングは上手くいかないそうである。

上手くいかない理由はいろいろあるが、定年前後での求職でそもそも多くを
望むのは難しい。また、自分が築いてきたキャリアや経験にこだわりすぎる
と難しい。要は、過去の自分にいつまでもこだわらないことが大切だそうです。

特に高学歴や高度な職歴を経験してきた人たちほど、その経験やキャリアを
活かしたいと思う傾向が強いそうです。


しかし実際にはそのような仕事は少なく、管理職的な仕事はほとんどない。
結局仕事に就けないし時間だけが経過してしまう。

どんなに有名企業で働いていても、経験した仕事やキャリアでは自分の売り
にはならいということです。


もともとの経験やキャリアのレベルが高いのなら、“意識と行動”を
変えることで新しい働き方ができるはずです。
過去のプライドを捨てられるかどうか?ということでしょうか。


このブログでも再三再四定年後の意識改革や行動について取り上げて
きました。

今一度目を通して下さり、定年後について働く・働かない、
報酬ある・なしに関わらず生き方働き方の参考にしてみて下さい。

定年後のあなたの、何らかのヒントになれば幸いです!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR