定年退職後は人それぞれに自分を活かす!

定年退職後は人それぞれに自分を活かす!

かって、作家の尾崎一雄が志賀直哉にあこがれ、気持ちが高じてついに
奈良に住む志賀直哉を訪ねたけれど、ますます及びがたい高さに見えて、
それに比べて自分はと・・・絶望にまで至った。

その時、考え抜いた末に「志賀直哉を松にたとえるなら自分はその下に
生える八つ手だ、しかし松は松、八つ手は八つ手である。八つ手が松の
真似をしようとするから二進も三進もいかないんで、八つ手は八つ手として
生きればいいと悟った。すると急に気が軽くなり、生きる希望が湧いて来た」
         
 (『自分の顔を持つ人になる』中野孝次)

定年退職者は人それぞれ。
10人の定年退職者には10通りの定年退職があるということですね。

ならば、定年退職後の生き方もひとそれぞれ。
何も人の真似をする必要もないということです。

但し、そうはいうものの、“定年退職者に共通の想い”は、あるのでは
ないでしょうか?

それは、定年退職は充実した人生を送りたい。生き生きと、楽しく、
今までやれなかったこともやってみたい等々は皆同じ想いだと思います。
もう充分に生きた、あとはどうなってもいいと思う人はいないはずですね。

定年退職後は人それぞれでいいけど・・・でも、自分に満足のいく人生を
過ごしていかないといけません。


けっして、人生後半に不平不満のないような日々をおくりたいですね。
“美しく”生きたいですね!!

そして、終わりよければすべてよし!

あなたの“定年基礎力“、考えてみて下さい!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR