定年退職後を考える(100歳に向けて)

定年退職後を考える(100歳に向けて)

先日、もうすぐ敬老の日となる2016年9月10日の中日新聞土曜日の
朝刊に「100歳の世界」という特集がありました。

日本初の女性報道写真家の笹本恒子さん(102歳)と、現役最高齢スイマー
の長岡三重子さん(102歳)、そして言語学者の川崎桃太さん(101歳)の
三人が今、伝えたいこと等を話しています。

その中から、いくつかご紹介します。

「仕事を続けていると、年齢による変化をあまり感じません」
「世の中の動きを見て、いつも誰かに会いたいと思っています」
「人間、欲張ることが大事だと思います」

「だいたい毎日予定が詰まっています」
「人間、やれば何でもできるけど、やらなかったら何もできない」

「健康法は、原始的ですけれども、歩くことです」
「知的活動や語学は、放っておくと退化するので古典や英字新聞も読みます」
「メンタルがある程度しっかりしておれば、心の健康にも寄与するんではない
かという考えを持っています」

さて、定年退職した皆さん、定年退職前の皆さん、この三人の大先輩の
方々の年齢までまだあと30年以上~50年近くありますね。


時間は誰にでも公平に与えられたものです。
その与えられた時間をどのように使うかという、知恵を出さないけませんね。
何もすることが無くなってしまったら・・・とてつもなく長い時間です。


自分の中で今信じられる、自分の好きなこと、やりたいことを見つけたら
・・・・・・・、何かできそうですね!!


何も仕事、お金、地位だけではありません。
ここでは“自分流”の、他の人たちと比較をしない
生き方ができると良いですね!!



※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR