定年退職を意識したら、あらためて友達を大切に!!

定年退職を意識したら、あらためて友達を大切に!!

友情の大切さ!について、
『死ぬ瞬間の5つの後悔』(ブロニー・ウェア)から引用します。

「家族が一番大切だけれど、同年代の人間との付き合いも必要だ。
(中略)・・・友達がいなかったら、私はとても孤独な老人になっていただろう。
子供たちも孫たちもいるから、人恋しくはないだろうが、同じ考えを持つ同年代
の人たちとの関わりが欲しくなっていたと思う」


「短い時間でも友達と過ごせば、母親や父親や祖母や祖父でないときの本当の
自分を思い出すのにね」と語っています。


私が研究した5つの定年基礎力の一つに、
「仲間を求め育てる力!」があります。

これは、社外の仲間(学生時代の友人や地域の仲間たち)との関係強化や
関係再構築は、仲間の中での自己再確認の場であり、交流頻度を増やしたり
関係性の質を高めることを行うことの大切さを言っています。

特に、友達とは会社関係の友達ではないというところが重要です。

私の研究でも、
ある人は、「会社の人間とも付き合うが、飲みに行っても面白くない。
昔の話ばかりで、新しい話しがない。満足感がない。」と語っています。

また別の人は、「(中略)・・・会社の仲間は、うわべは付き合っているけれど、
本当はイヤ。同じ部署で固まっていて、昔の話ばかりしていて何も面白くない。
利害関係もなく、何ら気を使うことのない同級生仲間はいい。」と、同じような
ことを語っています。

もう一つ大切なことは、出来れば上下10歳くらい離れている友達とも付き
合うことができれば同年代だけでは味わえない世界も楽しむことができます。


さらに、上下10歳くらい離れた異性の友達がいることが、新しい知見や
考え方等を楽しむことができるので、素晴らしいことだと思います。


定年退職を意識したら、真の友達を大切に!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR