女性の声、それは男性の声でもあるのです!

女性の声、それは男性の声でもあるのです!

今から30~40年前の1970年代に書かれた神谷美恵子さんのエッセイ
『いのちのよろこび』にこんなことが書かれています。

いまもし経済問題、家事、育児から解放されたら何をしたいと
思いますか? という主婦への設問に対して主婦達の回答は、

① 国内外の旅行、②読書、③勉強、④「書くこと」、
⑤よりよい社会づくりのためのグループ活動、社会奉仕
だそうです。


主婦のSさん(30歳)は「まず好きな本を読み、演劇を見、音楽を聞き、
夫と旅行するだろうか。そして気のあった友人と研究会もしよう。(中略)
・・・でもやっぱり私は自分の土俵がないのだ・・・(中略)・・・
まず自分のしたいことをその場限りのものでなく、自ら編み直さなくては
ならないと思う」と記しています。

さて、ここに記されたこと、何か定年退職者が定年退職後にやって
みたいこと、考えてみたいことに、似ていませんか?


主婦への、これから先の生きがいについてどう考えますか、との
質問に対しては、
主婦Bさん(42歳)は、「女の一生を20年ごとに区切って考え、
20歳までは自己形成期、40歳までは家庭づくり、60歳までは
自己に生きる自己中心期、80歳までは老成茫々安定期・・・
60歳までは自分のことだけに精力を使いたい。夫であっても他人の
ために生きるのはイヤ。生きている間は自己に忠実に生きたい」と
記しています。

Jさん(37歳)は、「10年先には子どもたちも巣立っていくことで
あろうし、その後は自分のために行きたい・・・今後はテレビ大学
(放送大学のことか?)ででも、また読書からでもゆっくり勉強したい。
・・・そしてその後の生涯の生きがいとなるものを見つけたい」と
述べています。

どうでしょうか・・・定年退職者の皆さんもこの主婦の人たちからの
“ヒント”、たくさんあるのではないでしょうか!!


ちなみに、この頃から「最近ではハーバードのラドクリッフ女子大が
とくに主婦を大学院に入れることをやり始め、好評なので他の大学も
これに倣う傾向があります」とも記されています。

今は、定年退職後に大学や大学院に入ることも選択肢として
あるのではないでしょうか??


※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR