定年退職後はお金に喚算出来ない資産を!

お金は大切です。
でも、お金に頼ると人間の生きている本質を見失うことがありますね。

『LIFE SHIFT』の中にこんな文章があります。

「私たちはたいてい、やさしい家族、素晴らしい友人、高度な
スキルと知識、肉体的・精神的な健康に恵まれた人生を良い人生
と考える。これらはすべて無形の資産だ。長く生産的な人生を築く
ために、有形の金銭的資産と同じくらい、無形の資産も重要だと
いうことは、誰もが納得できるだろう」と。


そうですね。
あなたにとって、無形の資産って、何があるのでしょうか?

自分のため、家族のため、そして将来のためにサラリーマンとして
一生懸命に働いてきました。人によって違うでしょうが、お金という
有形資産作りに翻弄されてきたのが今までの人生ではないでしょうか。

同時に、無形の資産と言うべき家族や友人や、趣味や楽しみ事を
並行して創りだしてきたでしょうか・・・?

これからの人生を生きて行く上で、無形の資産は多くの喜びや楽しみを、
有形の金銭的資産以上に生みだしてくれるものです。


無形の資産はそれだけで価値のあるものですが、それ以上にこれからの
人生においてとても大切な、なくてはならない資産になると思います。


そして、誰でもこれからも作り増やしていけるものです。

新たに「無形資産の通帳」を作成し、自分の人生という銀行に、
残高を少しずつでも増やしていきたいものですね。

無形の資産が少ないと、定年退職後の人生は寂しいものになって
行くような気がします。

老後の無形資産作りを怠らないようにしましょう!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR