定年基礎力ブログを始めて丸4年!(私の定年後の4年間)

2013年6月26日、定年(退任)退職し、東京から四日市に戻り、
「定年基礎力ブログ!」を書き始めました。

月に3~4回程度更新しながら、丸4年になります。その時々に気づいたこと等
を定年退職前後の人たちに読んで頂けるように分かりやすく書いています。

もう4年かという思いと、まだ4年かとの思いが交錯しています。
地元に戻り好きなことをやりたいとの思いで、「雇用延長」はしないと決めたのは、
雇用延長が一般化してきた定年の数年前でした。

定年後も20年~30年ある、その長い期間をどう生きるかということ
について、50歳頃から考えながら、すぐにでも行動に移せることは
行動することを心掛けていました。


定年後は今までやりたかったけど、できなかったことをやりたい。
報酬のあるなしに関わらず働く、そして出来れば地域貢献がしたいという
思いでした。


定年後4年を迎えた今、おかげさまで、私の定年後は楽しく、忙しく、面白く、
回っているようです。

現役時代から友人らと一緒に活動していた任意団体の「団塊世代の会・大垣」
の活動を、より充実したものにしたいという思いがありました。
54歳の頃から続けていた活動です。


今は、「岐阜コミュニティ創造大学大垣キャンパス」を運営し、講座の専任講師
として関わっています。自分が勉強したことや新たに学んだこと等を講座として
開講し、受講者の皆さんと一方通行にならないよう心掛けています。


一方で、仕事の方は、幸いにも、地元のNPOから声をかけて頂き、おまけに
自分の能力や資格スキルを活かせる仕事ができたことはうれし限りでした。
元々は、定年の数年前(53~54歳の頃)に、このNPOの説明会に何となく
定年後のことを考えながら参加したことがきっかけになったのです。


高校の同級生、大学の同級生、社会人大学院の同期性や大学院の時に
知り合ったお友達とも交流を重ね、交流が続き、定年後の私のかけがえのない財産
となっています。改めて、友人たちに感謝したいです。


愛知県や名古屋市、尾張旭市等の行政機関や、岐阜県のシルバー人材センター、
岐阜の労働局や多治見市の市民講座、大垣市の男女共同参画フォーラム等々
でも定年退職者向けのセミナーの講師等もやりました。


地元では、氏子総代、自治会の役員、さらにより身近な地元でも小中高の
同級生と地域活性のための取り組みを検討中です。

遊びも大切です。海外旅行はドイツや、モルディブ、アメリカ西海岸、
クロアチア等を楽しんで来ました。
時々、大好きな京都を旅行したり、旧街道歩きもしています。
これらは妻と一緒が多いです。

また、26歳の頃から始めたランニングは38年間続けています。フルマラソンも
7回完走しました。今は細々とですが週1~2日ですが、ジョキング程度に続けて
います。

単身赴任時にはランニングの環境を優先するために、1回目の東京は小田急沿線
の経堂に住み、砧公園をホームグランドに、2回目の単身赴任時には東急東横線
の元住吉に住み、多摩川河川敷をホームグランドに、そして福岡単身赴任時
には薬院に住み大濠公園をホームグラウンドにしていました。

それから、東京での単身赴任時代(57歳)に入学した社会人大学院の恩師の
言葉である「生涯育自」のための自分磨きのための勉強も続けています。
また、「大人の絵本読みきかせ隊」の隊員にもなりました。

今まで買っただけで読まずに積読になっていた本を順番に読んだり、
処分する前にもう一度懐かしい本を再読もしています。これらはすべて
自分にとっての楽しみです。

まだまだ他にもやりたいことが山ほどあります。とても定年後の時間としては
少なすぎます。残された時間、何を優先するかを考えながら、今やっておかない
といつやれるのかわかりません。思いついたら、すぐにでもやるということを
心掛けながら、定年後の人生をいきいき楽しく生きて行きたいと思っています。


私の妻は、私のやることに理解があり、単身赴任時の私を「やりたい放題」と
笑って言ってのけました。妻にも妻の趣味があり、お互いに「亭主(女房)
元気で留守が良い」と言いあう関係です。この点では助かります。

最期に、何をやるにも、自分が生きてきたことが活かせられる。
それは、失敗や成功も、悩んだことでさえ。


そして、社会とのつながりの中では、貧しさは我慢できても、
何もやることのない寂しさは我慢できないと!


みなさんの定年後が生き生きと充実しますように。
これから定年を迎える人たちには、少しでも早くから定年後のことを考えて
準備と行動を起こすことを願っています。

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR