定年後も心地よいストレスは必要!

今回も『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』
(ケリー・マクゴニガル)から一つ引用します。

「充実感をもたらすストレスが欠如すると、健康に影響が出てきます。
ある大規模な疫学調査では「非常に退屈」だと答えた中高年の男性たちは、
その後20年間で心臓発作で死亡するリスクが、2倍以上も高くなることが
分かりました。それとは対照的に、目的意識を持って生活している人たちは、
長生きすることが多くの調査で明らかになっています。
人々が生活の中で大きなストレスを感じることが、最も生きがいを感じる
ことと重なっている場合には、そのストレスがむしろ健康に役立っている
のは明らかです。」

非常に退屈では健康上も宜しくない、充実感を持つストレスなら健康上にも
良い影響を及ぼすということですね。

以前にこのブログで、現役時代に仕事をする中ではいろんなストレスを
抱えながら働いている。そして、定年退職すれば仕事に関わるストレス
はなくなり楽しい日々だけが待っていると多くの定年退職前の人たちは
考えながら仕事をしている。

ところが、定年退職しストレスのない楽しい日々を思い描いていたにも
関わらず、毎日退屈な何もすることのない日々が続くとすると・・・。

何かをしなければならない、でも思いつくものは何もないということ
からストレスを抱え始めていつしか大きなストレスになっていく。
せっかくストレスのない日を望んでいたのにむしろ新たなストレス
を抱えてしまうことになる。こちらも良く聞く話です。

こうなると結局は、ストレスの問題より定年後の日々の生活が充実して
生きがいがあり楽しい生活をしているのか、それとも退屈であまり楽しく
もない日々の生活をしているのかということが健康上も重要だという
ことですね。


誰しも退屈で楽しくもない人生を求めているわけではありません。
充実して生きがいがあり楽しい人生を求めているのです。

もし、退屈で暇ばかりならまず目の前にあることをやってみましょう!
日々することがあり、少しでも充実して楽しくなってくるようであれば、
暇な時間を暇として楽しめるようになってくるような気がします。


ひょっとしたら、“暇を楽しむ”ことも大切なことのように思います!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR