いきいきシニアと定年基礎力

いきいきシニア!

先日、シニアの方々を対象にセミナーをやらせていただきました。
参加者は60歳以上、中には70歳代後半の方たちもいらっしゃいました。

参加者の皆さんは、日常的に何らかの社会貢献活動やボランティアに携わっている人たちです。
皆さんはお元気そうで、お年を聞かなければ・・・とてもその年齢とは?・・・という人たちばかりです。

何よりも驚いたのは、このようなセミナーにも多くの方が積極的に参加されるている、ということです。
質問もいくつも飛び出しました。社会との関係性の中で自らの居場所や存在価値を見つけている。
まさに、”いきいきシニア”の生きざまを見せていただきました。

私より、先輩の皆さまです。
こうした先輩たちの後ろ姿を見ながら、学ばせていただくことが多くあることに気づきます。

定年退職後も、社会との何らかのつながりを持ちながら、地域社会などに貢献しながら、自らを磨くことを
怠らない
シニアの皆さん。生の、いきいき”シニア”の皆さんに直接触れる時間でもありました。

先月、地元の市民大学講座で、このような話がありました。

何をやるにも、自分が生きてきたことが生かせられる!(失敗や成功も、悩んだことも)
・社会とのつながりの中で、寂しさはガマン出来ない、貧しさはガマン出来る!(程度にもよるが)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR