地域活動と定年退職者たち

地域活動と定年退職者たち

本日は地域活動団体の交流会がありました。
NPOや任意団体などが、活動の発表や紹介・展示などしながらの交流会です。

若い人から高齢者まで、幅広い年代の人たちが活動しています。
その活動の主力を担っているのが、団塊世代を含めた”定年退職者たち”です。

こうした地域の活動に参加している定年退職者たちに最も必要なのは、仲間との平等意識です!

ところがサラリーマン(企業人)にありがちな、前職やその地位にこだわっている人たちには
仲間に入って行く能力がないのです。地域の活動では誰もが平等という意識を醸成し、身につけて
行く能力がいまさらながら求められるのです。

また、地域の活動の場ではこまごまとした雑事がたくさんあります。
打ち合わせなどで使用する机や椅子を準備する、片付ける。資料のコピーを取る、お茶の準備もある、
ごみを片付け・・・気が付いた人を中心に手の空いている人が交代で行うなど、臨機応変な対応が
求められます。


ここでも、前職で地位の高かった人は何でも部下にやらせていた、係りの者がやってくれていたため、
こういった雑事をこなす能力に欠けています。

定年退職後は肩書も地位もありません。
一個人として、あの人は何者か?と自分が問われます。

地域の活動では、基本的に皆平等です。
活動の中で、自分はどうふるまうかを決めなくてはなりません。


サラリーマン(企業人)が、地域の活動の場で経験するいろんな事は、定年退職後も地域で20年、30年生きて
いくために、自分自身が発達成長していくにはなくてはならない経験になるはずです。

そういう意味から、定年退職後の地域での活動の場は、定年退職者の「生涯発達・キャリア発達の場」なのかもしれません。

人は生涯発達します!

定年退職後の地域での活動、社会貢献活動、趣味のサークル活動、特技を生かした活動、仲間づくり等々・・・
これらは、定年退職者の生涯発達の入り口でもあるようです!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR