定年退職者のスケジュール

定年退職者のスケジュール!

定年退職者向けのセミナーでは、「あなたの一週間のスケジュールを、1時間毎に記入してみましょう」
と書かされる作業(ワーク)がよくあります。

そして結果は、大半の人がスケジュールを埋めることができない。少しは埋めれても、空白がほとんどで、
「さて、何をすればいいんだ?」と、考え込んでしまうようです。

定年退職後数年した先輩の話です。

「朝起きて、1時間ほど散歩(ウオーキング)に行く。帰ってきて、朝食後新聞をすみからすみまで
しっかりと読む。その後TV見たりしながら、午後はスポーツジムへ行く。2時間ほど体を動かし、
家に戻ってもまだ時間がある。そこで、もう一度1時間ほどの散歩に出るしかない。それでやっと夕方。
夕方から夜寝るまで、タップリ時間が残っている。本でも読むか、TVもつまらないし・・・・
こんな日が毎日、毎月、何年も続くのだよ」と。

5つの「定年基礎力」では、趣味、居場所、仲間、役立ち感、キャリアデザインを示しました。
このような場合、家庭以外に心地よく楽しめる「”居場所”があるかないか」がとても重要に
なってきます。


”居場所”を起点に、仲間に出会い、趣味も見つかり、役立ち感が育ち、自らキャリアデザインできる
力を養うことにつながっていくことが可能になるでしょう。


スケジュールが埋まらない、空白だらけ?で、あったら、
まず一歩を踏み出し、どこかの扉を開けてみることから始めましょう。
地域の団体、サークルの会、市民大学などの勉強会・・・自分が少しでも興味を持った分野から!

スケジュールが少しでも埋まっていく・・・こうして社会的つながりを作っていく作業・・・・
定年退職者の乗り越えていく課題ではないでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR