中高年の「学び直し」再び!

中高年の「学び直し」再び!

以前、NHKのEテレ「団塊スタイル」では、団塊世代の学び直しについて特集していました。ご覧になられた方もいるかと思います。

 団塊世代や、それ以上の年代の人達が実に楽しそうに、そして学び直しの喜びを語っていました。中高年になってから「学び直す」ことがいかに楽しいか、実感できたかと思います。
 では、何のために学び直すのでしょうか?

1、 教養を身につけるため
2、 趣味や得意な分野についてもっと深く学び充実させたい
3、 興味関心のある分野を学び地域活動や、ボランティア活動等で活かしたい
4、 新しいことを学ぶことで、新たな知識を身に付け実生活でも活かしたい
5、 自分のこれからの人生において役に立つと思えることは、何でも学んでみたい
6、 社会的居場所として、学びの場を活かしたい。

人それぞれ、目的は違っていても「学ぶ」気持ちは皆同じですね。

中には、時間がたっぷりあるので、TVの前で座っているよりも、何か学ぼうかと?
暇な時間を、実りある時間に変換しようかと?
ボケ防止に、頭の体操になるからと。このような方もいるかもしれません。

また、講座等に行くと、同じことを学ぶ友達などが出来て、コミュニケーションが出来ることがうれしいという方もいると思います。
中高年になって学ぶ仲間!年齢は違っていても、ある種の“同級生”ってことです。

学ぶ仲間が出来ると、ますます楽しくなって、学ぶ=楽しみ=充実=喜び=そしてまた学び・・・と、人生のサイクルが嬉しいようにうまく回り始めて、おまけに知識や教養、専門性等も身について行きます。

何で今まで学び直そうとしなかったのか?と、いまさらながら気がつくはずです。
でも、何ら遅くはありません、いつでも学び直しは始められるからです。
そして、学び直しを始めるには偏差値はありません(笑)。

”学ぶ“というと、ついつい辛い勉強を思い出して、尻ごみをしてしまいがちです。
中高年の学びには、原則宿題も試験もありません、成績表も付きません。

 そんなこと言っても、いまさら学ぶなんて?そのように思う方も多くいるかと思います。
もちろん、学ぼうとするか、学ぼうとしないかは人それぞれ。どちらが良いか、悪いかというものでもありません。強制するものでもありません。人それぞれで良いと思います。

 ただ言えることは、人生90年時代、時間はたっぷりあります。
今から何かを学ぼうとするなら、時間をかければ何だってそれなりのものになります。
そして、人生90年時代を生きて行く知恵や知識は自分の人生そのものです!
 自分自身のための“学び”なのです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR