定年退職とキャリアの節目

定年退職とキャリアの節目!
(新しい年(節目)に、キャリアを考えてみる)

新しい年になりました!
「新年の夢は?目標は何?」って、
「もう歳だから、そんなこと、考えてもいないよ」って・・・・・そんな寂しいことありませんね。

自分はこうなりたい、こうしたい、・・・このような事を毎日考えていると、たしかに息が詰まってしまいます。
ところが、何も考えないでいると、日々流されてしまい、結局いつになっても、いくつになっても、何もしない自分で過ぎて行ってしまいます。

それでよいのなら、それでも構いませんが、せっかく年も改まったのだし、少し自分自身について考えてみてもいいのではないでしょうか。
新年という節目にこそ、自らのキャリアについてデザインすることを考えてみてはいかがでしょうか?

「キャリアは、もしデザインしなければ、ドリフト(漂流)する。つまり、流されていってしまう。常にデザインするのは無理だが、節目にもそれを怠っていると、人生のドリフターズ(漂流者)になってしまう」(『働くひとのためのキャリアデザイン』(PHP新書)金井壽宏)

せめて節目だけでも、自分のキャリアについてデザインしてみることの重要性を述べています。

まず、今年はこうなりたいという自分を考え、紙に書いてみましょう。
次に、これをやりたいと思うことも考え、紙に書いてみましょう。

紙に書いたら、今すぐに今日からでも出来ることはやってみる。
数か月先なら出来ることは、少しずつ準備をする。
半年先に出来ることなら、計画を練って見る。
忙しい日々の生活の中でも、出来ることは沢山あります。

例えば、
今年は地域活動に参加したい、仲間もみつけたい。

まず、どんな地域団体や活動があるか、調べてみましょう。
その団体に、聞いてみましょう。
活動日に、一度参加してみましょう。

多くの仲間と知りあえるかもしれません。
次の活動日が楽しくなるかもしれません。
何となく、日々の生活に張りが出てくるかもしれません。
地域仲間もたくさん出来るかもしれません。

自分がやりたかったことも提案してみましょう。
少し勉強もしないといけないかもしれません。
講座もいろんな講座が開催されていることがわかった。
興味のある講座にも、参加してみましょう。
・・・・・・・・・・・

節目に、キャリアをデザインする! 

そして、少しでもキャリアデザイン出来たら、あとは流されながらキャリアを楽しんで行けばいい。
きっと素晴らしい一年になることでしょう!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR