定年退職後は年1回、自分自身の「キャリア診断」を!!

定年退職後は年1回、自分自身の「キャリア診断」を!!

現役サラリーマンの時は年に1回「健康診断」を受けていましたね。
血圧は?中性脂肪は?コレステロールは?・・・・・毎年気になりましたね。

毎年受診しているから数値は記録され、数年間の数値を眺めては、上がった!
下がった!など一喜一憂し、安心したり不安になったり。

そして改善を試みるべく食事調整や運動(ランニングやウオーキング)に取り組んだり。
でも、結局長く続かず、また健康診断の時期を迎えては・・・反省し?(笑)

さて、定年退職後の自分自身のキャリアについても、定年退職後に考えた、あるいは実行に移した
自分自身のキャリアについて、毎年キャリア診断せずに放っておいて良いのでしょうか?

年に1回は、自分自身の「キャリア診断」を!・・やってみてはいかがでしょうか?

「趣味」は?
新たな趣味が増えた、やり始めたけど面白くないから止めた、ずっと続いている趣味をさらに力を入れている、
何も趣味がないので困っている等々

「仲間」は?
昨年から疎遠になってしまった、参加した地域活動で仲間が何人も出来た、同窓会に出席して良かった、
親しい友人が亡くなった等々

「居場所」は?
探しているがまだ見つからない、サークルに参加するようになり楽しい、自治会に誘われ責任も持たされ
居場所が出来た、今も自宅が唯一の居場所等々

他にも「役立ち感(社会貢献)」「キャリアデザイン(こうありたい自分を描く)」についても年1回自分自身の
「キャリア診断」をしてみてはいかがでしょうか?

そして、年1回の自分自身の「キャリア診断」を毎年、毎年続けていって傾向を見ていくことで
「健康診断」の数値のように「趣味」、「仲間」、「居場所」「役立ち感」「キャリアデザイン」の
5つの定年基礎力について“”健康なキャリア“”を築けるように、チェックが必要ではないでしょうか??


定年退職したら、年に1回は自身の「キャリア診断」を!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR