「頭は青春、体は老化!」

「頭は青春、体は老化!」

頭は青春、体は老化!
先般NHKの「団塊スタイル」を見ていたら、このような話がありました。
う~ん・・・しぶしぶですが(笑)納得と感じた次第です。

さて、「頭は青春!」
これは多くの皆さんも「ごもっとも!」と言えることではないでしょうか?
「青春」という言葉は生涯いくつになっても自分の頭から離れない魔法の
言葉のように思います。
また、そうじゃないといけないのではとも思います。

先日、高校のクラス会をやりましたが、その時の話ししているみんなは
「青春」でした。どこのクラス会や同窓会でも同じようなことかなとも
思います。

一方、「体は老化!」の方はどうでしょうか?
私の「定年基礎力」の研究では、あえて体のことについては触れませんでした。
体の機能、これは人によって違います。

60歳を基準にしても、上下10歳くらいの差はあるのかもしれません。
今までにどれだけ運動をしていたのか、あるいは運悪く病気を患った人も
いるでしょう。個人差が大きいのが特徴です。

少なくとも若返りはないでしょうから、誰しも「老化」が始まっていることに
間違いはありませんね。そして、そう感じている人がほとんどだということですね。

中年の危機についてのインタビューでも多くの人が「体力の衰えなどの肉体的
限界を感じるようになった」(肉体的限界性)と答えています。


その証拠に、定年退職前後の人の多くが、定年後の時間を持てあます中で、
スポーツジムに通い始めています。持てあます時間を消化するにはスポーツ
ジムで過ごす時間は貴重です。健康にも体力維持にもつながります。
そして、何より「体は老化」を感じたからだと思います。

ジョギングを始める、ウオーキングを始める、これも同じ理由からですね。

定年後の時間を持てあましている、何かしなければ。
体の老化を最近よく感じると思ったら、
まずは自分一人で出来るし時間もつぶせるし、そして「体は老化」に少しでも
抵抗している自分を感じることが「頭は青春」の維持にもつながる
のかも
しれませんね。

このように、定年退職者にはスポーツジムや、ジョギング、ウオーキングは
もっともお奨めなのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR