セカンドライフへの一歩「地域デビュー!!」

セカンドライフへの一歩「地域デビュー!!」

先日、あるセミナーで「地域デビュー、初めの一歩」と題して
その<成功への道>を8つ提案しました。

1. 好きなこと、興味あること、やりたいことに、まずはこだわる。

2. 新入社員のつもり(地域では新入社員と同じ、机やいす並べから始める)

3. 人の話しを聴く(傾聴、喋るより聴くことを)

4. 人間性が大事(会社は仕事ができれば人間性は悪くても評価されるが
    地域では人間性が良くないと評価されない)

5. 思いが大切(会社は業績・実績、地域では思いを伝える)

6. 口だけでなく体を動かす(行動する、率先垂範)

7. 年長者を敬う(地域は平等と言いつつも・・・)

8. 女性に好かれる(地域活動は女性が多い)

他にも、まだまだあるでしょうけど、ひとまずは8つの項目に整理してみました。

人間は過去に縛られがちです。だからこそ、過去とどのように折り合いをつけるかが
重要なポイントになります。

現役時代にどれだけの仕事上の業績があっても、社会的な地位があったとしても、
定年退職や地域デビューをしようとする時には一旦すべてオールクリアです。
ご破算にする、あるいは決別することです。

どれだけ素晴らしい過去であっても、そこに浸っていているだけでは、
これからの20年、30年はあまりにも長すぎますね。

定年退職や地域デビューを果たす時には、ゼロスタートするための
絶好のチャンスが訪れたのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR