定年退職者OB会取りまとめ窓口担当者の話し??

定年退職者OB会取りまとめ窓口担当者の話し??

あるひとが、現役時代に定年退職者のOB会の取りまとめの窓口を
長く担当していたそうです。そして、多くの定年退職者がOB会に
参加してくる姿や言動などをいろんな角度から観察していたそうです。

年に1回あるOB会でいろんなOBを目の当たりにして思ったことは、
現役時代威張っていた人(地位も仕事の上でも)が意外と元気がなく、
逆に現役時代にあまりパッとしなかった人(地位も仕事ぶりも)が、
活発で元気があると、話をしてくれました。

これは、一つの見方であって、必ずしも皆さんがそうであることは
ないと思います。一方で、そのように見えなくもないことも事実の
ようです。

そのことを彼は、「定年後にいきいきと生きていくための能力やスキルは、
会社で仕事をしていた時に発揮されていた会社時代の能力やスキルとは
全く異なる能力とスキルなのですね」と、話してくれました。


ここでも、定年退職者は今までの会社時代に発揮されていた能力やスキルから、
定年後に地域で生きていくために必要な能力やスキルを新たに身につけたり、
転換をしていかないと、定年後に地域で元気よく生きていくことができない
のかもしれません。

このOB会窓口担当は、自分が多くの定年退職者の人たちをOB会で見てきた
ことを自らの定年後のキャリア現場学習として捉え、「自分なら、どう生きるか」
の多くのヒントが得られたと話してくれました。


そうして、彼は現役時代から定年後の生き方を早くから意識し考え、必要な行動
を起こした結果、自らが定年退職となったあとは地域でいきいき活動しています。

定年退職者のOB会の窓口を担当させてもらって「役得だった!」そうです!

定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」。
あなたの「定年基礎力」を考え、そして見つけて下さい!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR