定年退職者は5歳~10歳若い!!

定年退職者は5歳~10歳若い!!

6月13日の読売新聞の記事にこんな元気になることが載っていました。

日本老年学会が、65歳以上の高齢者の身体、知的機能や健康状態について
分析結果を発表したそうです。それによると、

「現在の高齢者は10~20年前に比べて、5歳~10歳は若返っていると
想定される」ということです。


このことから、高齢者の健康状態は個人差が大きいですが、「高齢者が就労や
ボランティア活動などに参加できる社会を創ることが今後の高齢社会を活力
あるものにするために大切だ」との声明を出しました。というものです。

また、知能検査では「ほとんどの検査項目で60歳~70歳代の成績が向上し、
10年前の10歳程度若い人たちと同等」の成績だったそうです。


これは定年退職には朗報ですね。
なかでも、定年後もいきいき活動している定年退職者にとっては“わが意を得たり”
なのかもしれません。

人によっては、今の60代はかっての50代、70代は60代と、言う方もいます。

いずれにしても、かって自分が想像していた年齢よりも今の自分を“若く”
感じている人が多いのではないでしょうか?


65歳までの雇用延長も当たり前になってきました。
定年後も何らかの場でいきいき活動する人も増えてきました。

定年退職後に何をしていいのか分からないとか、何もすることがないでは、
もう許されない時代に入っています。


5歳~10歳若いと言っても、その先に20年~30年あるのですから、
何もすることがなければ・・・これはもう・・・どうしましょう?

定年退職前から、“定年基礎力”を身に付け、5歳~10歳若い自分を
今一度充実感のある、生きがいのある場で輝けるようにしたいものですね!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR