定年退職準備と会社の仕事の関係

定年退職準備と会社の仕事の関係

定年退職前から定年後の準備(地域活動や趣味・特技を活かす、勉強など)
が必要と言われます。それも出来るだけ早い方が良いと・・・。

さて、定年退職準備と会社の仕事との関係はどのような関係にしたら
いいのでしょうか??

基本は、準備の時間を作るということ、そして意識の切り替えです。
会社の仕事は朝から集中し、時間内に終わらせ極力残業はしない。


定時後の夜の付き合いや休日のゴルフの付き合いも極力止める。

これらの時間は、何となくつながりがあり、仕事の潤滑油的なことがある
のですが、もう定年退職が視野に入る年齢になったら、このようなつながり
がなくても十分に生きていけるネットワークを身につけるべきでしょう。


そして、勇気と信念を持って定年後にやりたいことの準備を始めることです。

定年退職前から定年後の準備の話しをすると、「会社で本当に仕事をしていた
のですか?(笑)」と思われることもあると思います。会社の仕事をおろそかに
していたのではないかと・・・。

それは自分しだいということですが、・・・限られた時間内で仕事をこなす
ことは大変なことです。

さらに、定年後の準備を始めた人は、準備そのものが楽しく既に生きがい
にもなり、定年後に夢をはせたその姿は職場内でもはつらつとしていい雰囲気
を与える存在にもなるのです。


定年が近づくことで元気がなくなりやる気も失せ、周りから見ても「もう定年
だから・・・しょうがないか」と思われる定年退職前の人たちとは大きく違って
見えるのです。

定年の準備を定年退職前からしている人たちは、職場内でも輝いて見えるのです。

こうして定年退職の準備をし、肯定的に定年を捉えた人たちが多く地域社会へ
出ることで、定年退職者の生きがい・やりがいが地域社会にも元気を撒き散らして
くれるのです!!


定年後も地域でいきいき活動する人たちの「定年基礎力」!
ぜひ、定年退職前から身につけてはいかがでしょうか??

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR