定年と社会活動(地域活動)参加の時期!

定年と社会活動(地域活動)参加の時期!

松浦民恵「中高年男性の就業意識の中での引退」(2007・キャリアデザイン研究)
は、「定年2年後に社会活動に生きがいを持てるかどうかは、定年2年前に
多少なりとも社会活動に参加できているかどうかに左右されるところが大きい」
と指摘しました。


地域での社会活動(以後、地域活動と表現する)の担い手は、どうしても
定年退職した人たちが中心になる場合が多いです。

もちろん男女の若い人、サラリーマンが中心になっている活動もたくさん
ありますが、ここでは、定年前後の人たちの地域活動について考えて見ます。

定年退職直後は、何かあれば活動をしてみたい、手伝いたいとの想いを持つ
定年退職者は多くいます。ところが何をやっていいのか?あるいは、
数ある活動のどれに参加すればいいのか?でも、行きにくいな?とか、
思い悩んでいるうちに、1年が経ち、2年が経ち・・・そして、もういいや!
と気が付けば毎日何をするでもなく・・・。


このような定年退職者をたくさん見ています。

このことは、松浦民恵さんが指摘している「定年2年後に社会活動に・・(中略)
・・定年2年前に多少なりとも・・(中略)」が解決してくれます。


地域活動は、定年退職者が中心になっている場合が多いです。定年前に
何らかの形で参加しているうちは活動できる範囲(仕事優先)での参加
となります。いわゆる、地域活動初心者としての役割だけやればすみます。

この“地域活動初心者”を経ることで、この間に活動の見極めややりがい、
居心地、諸先輩達の観察といういろんな角度から自分で判断できる材料を
見つけておけばいいのです。


まさに、地域活動へのソフトランディング期間が重要となってくるのです。

いきなり活動へ向かうということはリスクが多いですが、ソフトランディング
期間を経ることによって、自分にしっくりくる活動を見つけることが可能です。

ぜひ、「定年2年後に社会活動に生きがいを持てるかどうかは、定年2年前に
多少なりとも社会活動に参加できているかどうかに左右されるところが大きい」
ということをよく考えて、少しでも早く現役時代から何らかな形で地域活動に
参加することをお勧めします!!

※ご質問・ご意見等はこちらへ ⇒ runnermori@m6.cty-net.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

森 俊昭

Author:森 俊昭
1952年生まれ
南山大学卒業、協和銀行(現りそな銀行)を経て第二電電(現KDDI)へ転職、2013年6月定年退職。

資格:TCCマスターキャリア・カウンセラー、産業カウンセラー
定年キャリア・アドバイザー

法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻2012年3月修了(経営学修士=MBA)宮城まり子ゼミ。

定年退職前後の働く人たちのキャリア支援が専門。
(定年後の20年~30年をいきいきと活動し、生きるためには、定年退職前の現役時代から身につける能力・スキルとして「定年基礎力!」が必要。定年前後の働く人たちのキャリアを支援していきます!)

修士論文は、『定年後も地域でいきいき活動するための「定年基礎力」とは何か~キャリアと生涯発達の視点から~』

引き続き、定年退職前後の働く人たちのキャリア発達・生涯発達について研究中。



<活動>
・岐阜コミュニティ創造大学(市民大学)専任講師
・団塊世代の会大垣副代表
・NPO市民社会研究所
・「女(JOB)ブ活!」子育て中女性再就職支援スタッフ
・NPOキャリアデザインフォーラム
・キャリカン(看護師キャリア勉強会)

<学会>
日本産業カウンセリング学会
日本キャリアデザイン学会

<趣味>
ランニングと散策、そして古いお寺巡りです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR